オックスフォード ブリテン諸島の歴史〈4〉 12・13世紀 1066年~1280年頃

  • 慶應義塾大学出版会
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766416442

作品紹介・あらすじ

ノルマン人到来から始まる波乱の世紀。本書第四巻では、ヴァイキング世界からの脱却、そしてノルマン征服から、一二八二年のエドワード一世のウェールズ侵攻前夜までのブリテン諸島の歴史を記述する。島嶼が、中世のこの時代をどのように駆け抜けていったか、「征服」、「政治」、「経済」、「宗教」、「文化」、「王権」という六つの視点から明からにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容説明
    ノルマン人到来から始まる波乱の世紀。本書第四巻では、ヴァイキング世界からの脱却、そしてノルマン征服から、一二八二年のエドワード一世のウェールズ侵攻前夜までのブリテン諸島の歴史を記述する。
    島嶼が、中世のこの時代をどのように駆け抜けていったか、「征服」、「政治」、「経済」、「宗教」、「文化」、「王権」という六つの視点から明からにする。

    目次
    第1章 征服と植民定住
    第2章 一一六〇年頃までの王権、統治、そして政治生活
    第3章 社会の結びつきと経済の変容
    第4章 教会とキリスト教的生活
    第5章 文化のつながり
    第6章 王権、統治、そして政治生活、一一六〇~一二八〇年

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

元グラスゴー大学エドワーズ記念中世史学講座教授、元ロンドン大学歴史学研究所所長。
10世紀から13世紀初期のノルマンディー、北フランス、ブリテンの歴史について幅広く執筆。著書には、 Normandy bofore 1066 (1982)の他、1066年から87年までのウイリアム征服王の証書を編集・刊行した Regesta Regum Anglo-Normannorum:The Acta of William Ⅰ(1998)がある。

「2012年 『12・13世紀 1066年~1280年頃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×