キャンプ論―あたらしいフィールドワーク

著者 : 加藤文俊
  • 慶應義塾大学出版会 (2009年11月6日発売)
4.25
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766416954

作品紹介

今日から始められる、フィールドワーク入門!「キャンパス」から「キャンプ」へ-。教室とは少し違う、もう一つの学びの場がまちにある。ちいさな出会いと自分だけの発想を求めて、さあ、ケータイをもって、まちに出よう。

キャンプ論―あたらしいフィールドワークの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Session10「学びのイニシアチブは企業か個人か」参考図書

  • 「よそ者」と「その場に住んでる人」に感じ方の違いがあることを考えさせられます。同様に、「初心者」と「熟練者」との違いもあるので、関連付けて考えるとよいかも。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤文俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
福島 真人
ロバート・K・グ...
有効な右矢印 無効な右矢印

キャンプ論―あたらしいフィールドワークはこんな本です

ツイートする