人脈のできる人―人は誰のために「一肌ぬぐ」のか?

著者 : 高田朝子
  • 慶應義塾大学出版会 (2010年8月1日発売)
2.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766417623

人脈のできる人―人は誰のために「一肌ぬぐ」のか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そうだろうな、と大きく否定する要素もないが、人脈の捉え方、聞き方に違和感が残る内容に感じた。

  • 図書館

  • 『人脈』とは何か?
    という事を客観的に分析している、
    ノウハウ本とは違うタッチの内容だった。
    最初は読み込めていたが、途中から流し読みに。

    どの章も同じような事を言っている感じが。
    最後は、もう少し整理して纏めてほしかった。

  • アテンション・プリーズ!
    ハウツー本ではなく軽い研究書。例で出てくる人に医者が多い、なんでや。

    自己申告で「人脈があるか否か」は、基本的に本人の意識だけで「仕事ができる人」の範疇であればみんな仕事がらみのつながりはあるよ。

    修羅場!修羅場!!修羅場があってはじめて人間って「何かあったらあいつを助けよう」って思うような不快関係になるそうです。ぶつかり合って、お互いによく知るような関係になるから。

  • そもそも「人脈って何?」という問いに答え、「人脈の構造」を明らかにしてくれる一冊。人脈として認知するプロセスや、人脈の多い人の特徴などを書いている。本書でも強調しているように、いわゆる「人脈作りのハウツー本」ではなくこの本を読み、読者に自分なりの人脈形成の手段を考えてもらう、という立ち位置になっている。個人的にこの本を読んで感じたのは、人脈は結果的にできてくるものだ、ということ。しかし、この本は今後の自分の動き方の一つの指標として帰納してくるかもしれない。

  • 研究成果の本という感じ。身近な仕事のできる人が人脈を持っているかといえばそうではなく、むしろ人脈という言葉に泥臭い?イメージを持ってもいる、というくだりに安心感を覚えたのがこの本の収穫。

  • よくあるハウツー本では無く「人脈の基本的な構造」に着眼し、自分なりの人脈構築戦略を理解し消化することに力点!参考文献も豊富。

    ビジネススクールの授業を思い出しながら読了。

  • 人脈とは何か、役に立つ人脈とは何か。ビジネススクールで教鞭をとる著者が、「デキる」ビジネスパーソンへの丁寧なインタビューをもとに、人脈づくりのプロセスをひもとく。「人脈づくり」の根本的な答えを提示。

全8件中 1 - 8件を表示

高田朝子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

人脈のできる人―人は誰のために「一肌ぬぐ」のか?はこんな本です

ツイートする