ベンジャミン・フランクリン、アメリカ人になる

制作 : 池田 年穂 
  • 慶應義塾大学出版会 (2010年9月4日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 25人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766417722

作品紹介

イギリス帝国に生まれ、ジェントルマンになり、帝国を愛したベンジャミン・フランクリン。その彼がなぜ、アメリカ建国の父となったのか。ピューリツァー賞、バンクロフト賞受賞の歴史家ゴードン・S・ウッドがフランクリンの実像を描く傑作評伝。

ベンジャミン・フランクリン、アメリカ人になるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人カミナリをつかまえました。
    イギリス人なのに、なぜアメリカ公共図書館の父に?
    なぜ独立宣言の起草者に?
    答えはこの本の中にあります。

  • 凧を飛ばして雷が電気であることを証明し、避雷針を発明した人。
    日本人にはこのエピソードがもっともよく知られている人物、ベンジャミン・フランクリンw
    他にもアメリカ独立戦争時に大陸側全権代表として欧州で外交交渉にあたり、独立後は合衆国憲法の制定にも携わった人。
    ペンシルヴェニア大学の前身であるフィラデルフィア・アカデミーを設立し、自伝はアメリカ文学の代表的名著。
    あと意外に知られてはいませんが、先住民との交渉にも携わり、その自治制度を合衆国憲法にも盛り込んでいます。
    政治家、外交官、法律家、実業家、発明家、教育家、作家と多方面で活躍して名を残した、

     「すべてのヤンキーの父」

    フランクリンは、実は最初はバリバリのイギリス帝国主義者だった!?
    英帝国の辺境である北米植民地に生まれ、印刷工から身を興し、労働者からジェントルマンになり、発明家として大成して欧州で一躍有名人となった彼は、英国王に忠誠を誓う「イギリス人」であり、英国官僚となって英帝国の勢力拡大に寄与しようとしていました。
    その彼が何故アメリカ独立戦争に加わったのか?
    「アメリカ(故国)の異邦人」だったフランクリンの生涯を追いつつ、彼が「アメリカ人」となっていった過程が描かれています。
    英国王への忠誠と、故郷アメリカの苦境との板挟みに悩む姿は、「すべてのヤンキーの父」という先入観のある日本人には意外でしょう。
    故郷のアメリカより、欧州の水の方が合っていたらしく、英国永住の願望や、革命前夜のフランスでの受けが良かった点も皮肉ですねw
    ジョージ・ワシントン、ジョン・アダムズ、トマス・ジェファーソンら他の「建国の父たち」とのイメージの違いも面白いですo(^^o)(o^^)o

    ニン、トン♪

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ベンジャミン・フランクリン、アメリカ人になるはこんな本です

ツイートする