マルクス経済学

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766419153

作品紹介・あらすじ

マルクス経済学はここまで進化した!資本主義社会を洞察する最先端テキスト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 331.6||On

  • 請求記号:331.6/Oni
    資料ID:50064877
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

慶應義塾大学経済学部教授。
1985年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。経済学博士。立命館大学助教授、京都大学経済学部助教授、同教授を経て現職。京都大学名誉教授。World Association for Political Economy副会長、北東アジア学会前会長。
主な著書に、『資本主義以前の「社会主義」と資本主義後の社会主義』(大月書店、1992年)、『中国の少数民族問題と経済格差』(編著、京都大学学術出版会、2012年)、『成長国家から成熟社会へ』(共著、花伝社、2014年)、『マルクス経済学(第2版)』(慶應義塾大学出版会、2015年)、『中成長を模索する中国』(編著、慶應義塾大学出版会、2016年)など。

大西広の作品

ツイートする