マリーエンバートの悲歌

制作 : 八木 輝明 
  • 慶應義塾大学出版会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766419658

作品紹介・あらすじ

文豪ゲーテ74歳、ウルリーケ19歳。55歳も離れた文学史上のゲーテ"最後の恋"は破れ、ゲーテはドイツ最大の恋愛詩『マリーエンバートの悲歌』を生み出した。しかし、ゲーテの死後も独身を貫いたウルリーケは死ぬ間際、ゲーテからの手紙を銀の盆の上で燃やし、その灰を銀のカプセルにつめ、棺の中に入れるように希望した-ヴァルザーはゲーテの生きた時間、人物、土地を再現するように描きだし、いわば愛と生と老いの苦悩をテーマに『老いたヴェルターの悩み』を創作したのである。現代ドイツ文学界の重鎮マルティン・ヴァルザーによる、文豪ゲーテ"最後の恋"といわれる文学史上の実話をもとに、ドイツで大反響を呼んだ長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 74歳のゲーテが19歳の少女に恋愛をしたって、今までピンとこなかったけど、これを読んでみてなんとなく納得。もうちょっと自分自身、人生経験を積んでから読んだ方がより味わえたのかも。

全1件中 1 - 1件を表示

マルティン・ヴァルザーの作品

マリーエンバートの悲歌を本棚に登録しているひと

ツイートする