ビギナーのための法律英語【第2版】

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766419733

作品紹介・あらすじ

法律英語の関連知識が広がるMEMOやコラム記事を随所に盛り込み、初めての方もビジネスで使われる法律英語の実際が理解できる必携書!第2版では昨今の法律改正や実務の変化にそくして用例を再吟味。巻末には復習用の練習問題を付けました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求番号:670.93/Hin
    資料ID:50067361
    配架場所:図書館1階 指定図書コーナ・教員推薦本

    【感想文 By K.H】
    本書は中学校の文法と大学レベルの単語力があれば十分理解できるように平易に書かれています。全部読むのも良いですし、気に入ったフレーズだけノートに書き覚えるのも良いです。
    読書するというよりは学習するための本という感じです。英語が苦手な私でも読めました。私は、購入して一日一つのフレーズを覚えていこうと思っています。法律が好きな方には是非お勧めしたい一冊です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

和洋女子大学特任教授。法律事務所、外資証券での経験を活かして慶應義塾大学で20年以上実務英語教育に従事。
著作は10万部突破の「即戦力シリーズ(ビジネス英会話、文法、ライティング等)」(DHC)や『ディクテーションで覚えるビジネス英語必須パターン123』(秀和システム)等多数あるが、大学で参画したCEFR研究プロジェクト(文科省の学術フロンティア推進事業)に触発されて以来、熱心な英語学習者が普通に使われる英語に触れ、基礎英語を再構築できる著作に注力している。その第一弾が『GSL基本英単語2000』(テイエス企画)であり、本書が第二弾になる。なお、ケンブリッジ英検の最上級
CPEを取得しており、その関係で、一時、スピーキングテストの試験委員を務めていたこともある。


「2018年 『国際標準の英単語 初級』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日向清人の作品

ツイートする