バロックの王国: ハプスブルグ朝の文化社会史1550-1700年

制作 : 新井 皓士 
  • 慶應義塾大学出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (598ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766420258

作品紹介・あらすじ

対抗宗教改革がもたらした新しい権力構造や精神的背景とは――
君主国における中央政府と地方の間の相互作用とは――
ルネサンスからバロックへの移行が王朝の権威強化に与えた影響とは――

▼ルネサンスとプロテスタンティズムの支配からバロックとカトリシズム興隆の時代へと中欧の姿が大きく変容する17世紀。政治、社会、文化的織糸が複雑に絡み合いながら、統一国家へと華々しき結束をむかえる。
▼およそ600年続いたハプスブルク王朝の基礎を築くこの時代の深奥を、中欧歴史研究の碩学、R. J. W. エヴァンズが精緻に描く大作。
▼待望の初邦訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高い、手が出ない。断食でもするか、、、
    「魔術の帝国―ルドルフ二世とその世界」のR.J.W.エヴァンズの邦訳ならば、身を削ってでも買う。。。

    慶應義塾大学出版会のPR
    「対抗宗教改革がもたらした新しい権力構造や精神的背景とは――
    君主国における中央政府と地方の間の相互作用とは――
    ルネサンスからバロックへの移行が王朝の権威強化に与えた影響とは――
    ルネサンスとプロテスタンティズムの支配からバロックとカトリシズム興隆の時代へと中欧の姿が大きく変容する17世紀。政治、社会、文化的織糸が複雑に絡み合いながら、統一国家へと華々しき結束をむかえる。
    およそ600年続いたハプスブルク王朝の基礎を築くこの時代の深奥を、中欧歴史研究の碩学、R. J. W. エヴァンズが精緻に描く大作。
    待望の初邦訳。 」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1943年生れ、イギリス:チェルトナム出身。オックスフォード大学近代史欽定講座教授(1997-2010)。FBA(英国人文社会科学系学士院特別会員)。専門は近世・近代の中欧・東欧史、ウェールズ史。ケンブリッジ大学ジーザス・カレッジを卒業。1969年よりFellow of Oriel College,Oxford。
主著に『魔術の帝国――ルドルフ二世とその世界』(中野春夫訳、筑摩書房、2006年(平凡社1988年))、“Austria, Hungary, and the Habsburg: The Essays on Central Europe c.1683-1867”(Oxford UP, 2008)など。

「2013年 『バロックの王国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

R.J.W.エヴァンズの作品

バロックの王国: ハプスブルグ朝の文化社会史1550-1700年を本棚に登録しているひと

ツイートする