世界の英語と社会言語学―多様な英語でコミュニケーションする

制作 : 井上 逸兵  多々良 直弘  谷 みゆき  八木橋 宏勇  北村 一真 
  • 慶應義塾大学出版会
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766420562

作品紹介・あらすじ

英語は誰のものか?
社会言語学の立場から、「世界の英語」を解き明かす。

進化するグローバル化世界の異文化コミュニケーション論テキスト。

▼英語は一つではない。

グローバル化が進み、非英語母語話者が世界中で英語を日々使用している状況の中で、多様化してゆく“英語”の姿を社会言語学の立場からひもとく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【新着図書ピックアップ!】
    グローバル化の中で多様化する英語の状況をコミュニケーションの視点から論じる。文献案内や課題なども付いているので、さらに理解を深めることができるのでは。
    ICU Library has its original edition “Cultures, contexts, and world Englishes“Call no. 838/Ka122c

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ヤムナ・カチュルー
米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign)の言語学の名誉教授で、インド、英国、米国で教鞭をとり、アジア、ヨーロッパ、北アメリカで講演を行ってきた。彼女の研究分野は、ヒンドゥー語や他の南アジアの言語の構造、世界の英語を用いた言語と文化を超えたコミュニケーションなどである。2006年にはインド大統領によりヒンドゥー語言語学への貢献に対して表彰されている。世界の英語についての多くの学術書、論文を執筆、編集してきた。著書に、 <i>The Handbook of World Englishes</i> [共著, Blackwell, 2006]などがある。

「2013年 『世界の英語と社会言語学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤムナ・カチュルーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする