ハロルド・ヴォーゲルのエンタテインメント・ビジネス―その産業構造と経済・金融・マーケティング

制作 : Harold L. Vogel  助川 たかね 
  • 慶應義塾大学出版会
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (728ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766420647

作品紹介・あらすじ

“100年”売れ続ける商品を生む産業構造に迫る!

▼技術革新と業界再編が進み、かつてない変革が迫られている映画、放送、音楽、スポーツ、テーマパーク、演劇、ゲーム、カジノ、出版などのエンタテインメント産業。
本書は、インスティテューショナル・インベスター誌やウォール・ストリート・ジャーナル紙のアナリスト・ランキングで長年トップの座にあったハロルド・ヴォーゲル氏が、経済・マーケティング・財務・会計の視点からその製作プロセスと産業構造を横断的・網羅的に分析した名著の待望の邦訳版である。

▼たとえば、総合エンタテインメント企業として業界の頂点を極め続けるディズニー、世界的な長期公演に加え映画も大ヒットした『レ・ミゼラブル』、近代化が遅れていたサーカスの芸術面と経営面を徹底的に改革し、世界中で驚くべき集客数を挙げる「シルク・ド・ソレイユ」……。本書を読めば、これらの成功の背景にあるのは、この産業の持つ長い歴史と起業家的精神であることが理解できるだろう。

▼トップ・アナリストとしての実践的視点と金融経済学博士としての客観的視点を駆使しながら、膨大なデータを緻密に分析する原著は、1986年に初版が刊行されてから度重なる改版を経て現在第8版に至る。韓国、中国、スペインでも訳書が刊行されている。翻訳版は、ヴォーゲル氏の協力を得て、第8版にさらなるアップデートを加え、より最新の情報を掲載することができた。

▼エンタテインメント産業の本質を象徴するのは、あまりにも大きな栄光と敗北である。そのことと、未来へ向けての課題を教えてくれる本書は、この産業構造を知るべきすべての人――たとえば、投資家、財務アナリスト、経営者、会計士、法律家、経済学者、ジャーナリスト、プロデューサー、そしてこの分野を学ぶ学生――に必携の書である。

著者プロフィール

ハロルド・L. ヴォーゲル
メリルリンチ(Merrill Lynch & Co)で17年間アナリストとして活躍し、インスティテューショナル・インベスター誌( <i>Institutional Investor magazine</i> )によるアナリスト・ランキングで10年間、エンタテインメント部門のトップの座にあった。また、ウォール・ストリート・ジャーナル紙( <i>Wall Street Journal</i> )のオールスター・アナリスト・ランキングでも、カジノ部門第1位、エンタテインメント部門第3位になるなど、エンタテインメント・ビジネスに関する3大アナリストのひとりとして、20年以上にわたりその名を馳せた輝かしい実績を持つ。
現在はニューヨークで投資コンサルティング会社を経営、長年の功績が認められインスティテューショナル・インベスター誌による全米選抜リサーチ・チームに殿堂入りしている。
主な著書に、 <i>Financial Market Bubbles a…

「2013年 『ハロルド・ヴォーゲルのエンタテインメント・ビジネス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハロルド・L.ヴォーゲルの作品

ツイートする