思考を鍛えるレポート・論文作成法(第2版)

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
3.45
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766421071

作品紹介・あらすじ

▼本物の「書く力」「考える力」を身につける

▼「書いては考える」のサイクルを意識できる、まったく新しいタイプのライティング指南書。
▼大好評の初版をベースに構成とレイアウトを刷新し、ますます使いやすくなった第2版。
▼初学者向けレポート・論文作成ガイドの決定版!


〈本書の特徴〉
●わかりやすい5ステップで、作成プロセスを解説
●初めての人でも、フォーマットを用いてスラスラ書ける
●大切なポイントが、図解で素早く理解できる
●何を、どう検索し、引用したらよいかがわかる
●携帯やスマホなど、身近な例を用いてわかりやすく解説

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レポートや論文って、順序立てて自分の考えをまとめるのが難しいですよね。本書は、自分の考えをしっかり伝えるにはどうすればよいかを、5つのステップで分りやすく解説してくれます。レポートの書き方、論文の書き方の基本が身に付く1冊です。

  • (特集:「レポートの書き方」)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00536129

  • 序論、結論の「穴あきテンプレート」があるのが良い。これに沿って下書きすれば形になるはず。後輩に勧めた。

  • 題名はこんな感じではあるけれど、内容はけっこう「(論理的に)書くこと全般」である本って多いので、本書もその類かと思いきや、いさぎよいほど論文とレポートの書き方に特化した本。いさぎよくはあるんだが、ここまで特化されるとさすがにちょっと「よそ者感」を強く感じちゃう。

    あと付録の論文に「こ、こんなのが論文なの」と脱力するものあり。

  • 【レポート・論文対策本特集】
    資料ID:98141584
    請求記号:816.5||I
    配置場所:工枚特集コーナー

  • 論文作成のテーマ設定から下調べ、プレゼンテーションの仕方なども記載しているのが本書の特徴。報告書や企画書等にも応用できる基本的な文章の書き方が学べる。

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(2階) 請求記号 816.5//I56

  • 12月新着

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井下 千以子
桜美林大学心理・教育学系教授
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科非常勤講師
慶應義塾大学国際センター非常勤講師

1957年福島県生まれ。聖心女子大学心理学専攻卒業。
日本女子大学大学院人間発達学専攻修了。学術博士。
京都大学大学院教育学研究科非常勤講師などを経て現職。
専門は、教育心理学、生涯発達心理学、大学教育研究。
2005年大学教育学会奨励賞受賞。
主な業績:『思考を鍛えるレポート・論文作成法(第2版)』(慶應義塾大学出版会,2014)、『初年次教育の現状と未来』(共著,世界思想社,2013 )、『大学における「学びの転換」と学士課程教育の将来』(共著,東北大学出版会,2010)、『大学における書く力考える力──認知心理学の知見をもとに』(東信堂,2008)、『思考を育てる看護記録教育――グループインタビューの分析をもとに』(共著,日本看護協会出版会,2004)、『高等教育における文章表現教育に関する研究――大学教養教育と看護基礎教育に向…

「2017年 『思考を鍛える大学の学び入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井下千以子の作品

思考を鍛えるレポート・論文作成法(第2版)を本棚に登録しているひと

ツイートする