『新時代の「日本的経営」』オーラルヒストリー:雇用多様化論の起源 (慶應義塾大学産業研究所選書 戦後労働史研究)

制作 : 八代 充史  牛島 利明  南雲 智映  梅崎 修  島西 智輝 
  • 慶應義塾大学出版会 (2015年1月9日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766421941

作品紹介

本当に現在の雇用問題の根源であったのか?

1995年に日経連が刊行した報告書『新時代の「日本的経営」』について当事者が語る初めての単行本。報告書作成に携わった5名と、被雇用者側である連合関係者1名の計6名を対象としたオーラルヒストリー研究。
報告書は、雇用形態の流動化を肯定し、これを促進した契機と位置づけられて批判の対象となってきたが、インタビューからは、報告書作成側の意図、反響への対処などを通して、当時の社会で何が議論されたかだけでなく、何が議論されず日本の雇用政策において積み残された課題となったかがあぶり出される。報告書発表から20年を迎えるにあたり、注目すべき1冊である。

『新時代の「日本的経営」』オーラルヒストリー:雇用多様化論の起源 (慶應義塾大学産業研究所選書 戦後労働史研究)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本型雇用崩壊のきっかけと世間で言われる「雇用ポートフォーリオ」であるが、本書はこのポートフォーリオが掲載された「新時代の「日本的経営」」プロジェクトに携わった方々のオーラルヒストリーである。

    いわゆる人材のストック・フロー型モデルとは直接のつながりはないとし、あくまでも「日本的経営」=人間尊重の立場を堅持しつつ、その日本的経営をどう国際競争のなかで提適合させていくかを模索した、その一案が「雇用ポートフォーリオ」だという。

    やはり全員が口をそろえていうように、ここまでの雇用劣化は想像していなかったという…想像力が甘いのか、企業側がうまくやったのか…

  • 読了。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンソニー・B・...
有効な右矢印 無効な右矢印

『新時代の「日本的経営」』オーラルヒストリー:雇用多様化論の起源 (慶應義塾大学産業研究所選書 戦後労働史研究)はこんな本です

『新時代の「日本的経営」』オーラルヒストリー:雇用多様化論の起源 (慶應義塾大学産業研究所選書 戦後労働史研究)を本棚に登録しているひと

ツイートする