展望台のある島

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山川方夫
制作 : 坂上 弘 
  • 慶應義塾大学出版会 (2015年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766422733

作品紹介

山川方夫は精緻である。
言葉を選び、構文を磨き、美しい物語を織り上げる。
自伝的な作品のなんと誠意にあふれていることか。
池澤夏樹

▼空襲の激しくなった昭和19年、14歳の時に日本画家の父が急逝し、終戦後の混乱の時代に青少年期を過ごした山川方夫。芥川賞と直木賞のふたつの賞の候補になりながら、受賞にいたらぬまま34歳で交通事故のため急逝した山川方夫。没後50年にして、山川方夫のショートショートと純文学作品は新生する。

展望台のある島の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【新着ピックアップ】ファーストネームはマサオと読みます。幼稚舎から大学院まで、生粋の慶応ボーイ。芥川賞に4回、直木賞に1回推されるも受賞には至らず、34歳の時、交通事故で亡くなりました。ショートショートにも冴えをみせ、「お守り」(『山川方夫全集』(913.6/Y27)第3巻収録)は、”LIFE”(P/053/L623)1964年9月11日号に”The Talisman”として掲載されています。

    【Newly arrived!】Masao Yamakawa, a genuine Keio boy, was a Japanese author nominated for the Akutagawa Prize four times and once for the Naoki Prize. He was a skillful writer of short-short stories as well. One of his works “The Talisman” (Omamori) appeared September 11, 1964, in “LIFE” (P/053/L623).

全2件中 1 - 2件を表示

山川方夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

展望台のある島を本棚に登録しているひと

ツイートする