展望台のある島

著者 :
制作 : 坂上 弘 
  • 慶應義塾大学出版会
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766422733

作品紹介・あらすじ

山川方夫は精緻である。
言葉を選び、構文を磨き、美しい物語を織り上げる。
自伝的な作品のなんと誠意にあふれていることか。
池澤夏樹

▼空襲の激しくなった昭和19年、14歳の時に日本画家の父が急逝し、終戦後の混乱の時代に青少年期を過ごした山川方夫。芥川賞と直木賞のふたつの賞の候補になりながら、受賞にいたらぬまま34歳で交通事故のため急逝した山川方夫。没後50年にして、山川方夫のショートショートと純文学作品は新生する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 正直粗は多いが、魅力的な作家だと思った。

    コルタサルに似ている。日常から非日常に変わる幻想性を描きつつ、テーマはそれを引き起こす人間の心の微妙な動きにあるようだった。面白かった。

    夭折の作家ということもあろうが、自然科学を題材にした未来の正月の福寿草の話や、ピラニアの話は、作り込みが甘いと感じる部分があった。植物学者が分類学に疎いのはさすがにリアリティに欠けるし、ピラニアだって人工餌も食べる。

  • 【新着ピックアップ】ファーストネームはマサオと読みます。幼稚舎から大学院まで、生粋の慶応ボーイ。芥川賞に4回、直木賞に1回推されるも受賞には至らず、34歳の時、交通事故で亡くなりました。ショートショートにも冴えをみせ、「お守り」(『山川方夫全集』(913.6/Y27)第3巻収録)は、”LIFE”(P/053/L623)1964年9月11日号に”The Talisman”として掲載されています。

    【Newly arrived!】Masao Yamakawa, a genuine Keio boy, was a Japanese author nominated for the Akutagawa Prize four times and once for the Naoki Prize. He was a skillful writer of short-short stories as well. One of his works “The Talisman” (Omamori) appeared September 11, 1964, in “LIFE” (P/053/L623).

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年、日本画家山川秀峰の長男として東京に生まれる。慶應義塾大学大学院文学研究科仏文専攻中退。1954年第3次「三田文学」創刊。創作活動も始め、芥川賞候補4回、直木賞候補1回となるが、受賞に至らず。1965年2月20日交通事故のため逝去。享年34。主な著書に『海岸公園』『親しい友人たち』『愛のごとく』『山川方夫全集』などがある。

「2015年 『展望台のある島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山川方夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×