クリティカル・リーディング入門:人文系のための読書レッスン (アカデミック・スキルズ)

著者 :
制作 : 慶應義塾大学教養研究センター 
  • 慶應義塾大学出版会
3.30
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766422740

作品紹介・あらすじ

どうやって読んだらいいのか!?
レポート、論文、そして試験の答案を作成するために、まず必要となる「テキストを読む力」を身につける!

大学生が直面する「レポート」や「論文」の執筆では、高校生までとは異なる「テキストを読む」レベルが求められる。「どうやって読んだらいいのか」、「感想文ではなぜ駄目なのか」、「何を論じたらいいのか分からない」という大学生がぶつかる悩みに、人文系の例題を使って答える一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 引用されている例文が、古かったり難しかったりでわけわかんなかったです。
    この本は、本の読み方に悩んでいる人向けのものなのに、なんでこんな意地悪な書き方するんだろうと思った。

  • 主に人文系のテキストを読むときの基礎的なマニュアル。ごくごく簡単な内容だけど、学生の時にこれくらいは知っておきたかった。こういうのは学生のうちに身につけておかないと、あとからそう簡単に身につくものじゃないんだよな。

  • 「~について自由に論ぜよ」
    レポート課題などでしばしば目にすることのあるこのフレーズですが、
    自由にって言われても、何について論じればいいのかわからないという人は少なくないでしょう。
    こうした悩みはいずれも「問いの立て方」がわからない、というところにつながっていきます。
    本書はレポートや卒論において必要なこの「問いの立て方」を学ぶ教科書です。

    本書は、実際に題材とするテキストを挙げ、そのテキストの持つ論理構造や語の意味などに着目しながら、どういったところが問いになりうるのかを説明していく形で進んでいきます。
    テキストやそれを読むわれわれ読者が持つ常識に疑いの目を向けることで、「あれっ?」と思う部分を探し出す、このクリティカル・リーディングの訓練を積んでいくことで、小さな「あれっ?」をレポートや卒論に活かせる大きな問いへと育てていくことができる、というのが本書の趣旨です。
    タイトルには人文系とありますが、文理を問わず「批判的に読む力」を身につけたい方におすすめです。

    (ラーニング・アドバイザー/図情 KOMINAMI)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?bibid=1671433

  • タイトルについている、「アカデミック・スキル」という言葉が突き刺さるぽちです。僕は理系を標榜しているけれど、だからこそ、少し違うアプローチからきちんとものを読む所作について学ぶべきだと考えたのでした。昨日読み終わったレポートをよりよくする方法についての本と対を成す、僕にとって必読の書のようです。

    読み終わったらレビューを加えます。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、2階開架 請求記号:817//O17

  •  書名の示す通り批判的な読解力を身に着けるための指南書である。大学生をターゲットとした内容であるが、一般にも通用する内容だ。中高生には用例として挙げている文章がやや難解すぎる。
     この中で述べられていることは別段新しいことではない。客観的な読解が必要な場合においてどのようにふるまえばいいのかを様々な例をあげて説明している。私には分かりやすい説明であった。
     また、クリティカル・リーディングの行きつく先は、読書感想文や入試小論文のレベルを超える文章作成にある。その意味ではこれは論理的かつ独創的な文章を書くための本であり、実際、終章では論文作成の方法を論じている。
     こうした論理的批判的読解に関しては、高校での国語の時間でしっかりと教えるべきものである。しかし、国語の教員も含めて主観的情緒的な読みとの区別がはっきりしているない者が多いのが現実であり、その点に問題を感じている。本書の前半部分にある、語レベル、論理の展開レベルでの批判的読解はぜひ中等教育の中で教えておくべきだと感じるのである。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784766422740

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

大出 敦
慶應義塾大学教授
1967年生まれ。慶應義塾大学文学部文学科仏文学専攻卒業。筑波大学文芸・言語研究科各国文学専攻博士課程単位取得退学。専門はフランス19世紀の象徴主義、とりわけステファヌ・マラルメの研究。

「2015年 『クリティカル・リーディング入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンソニー・B・...
田中正人
エラ・フランシス...
阿部 紘久
有効な右矢印 無効な右矢印

クリティカル・リーディング入門:人文系のための読書レッスン (アカデミック・スキルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする