大学生のための動画制作入門:言いたいことを映像で表現する技術

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766424287

作品紹介・あらすじ

▼制作に必要な知識がこの1冊に!

▼テレビ局の番組作りに学ぶ! 映像作品の作り方。
▼企画から撮影、編集までを初心者向けにわかりやすく解説。

カメラを片手に世界へ飛び出していく喜び。
編集を通じて世界の光と影を探る興奮。
黒岩さんと出会わなければ、
今私は映像の道にいなかっただろう。
――砂田麻美 映画監督『エンディングノート』

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映像の作り方を企画→下調べ→粗構成→撮影→本構成→編集という実際の順番に沿って説明している。
    撮影や編集ばかりに目がいっていて企画や構成について考えたことがなかったので、参考にして映像作りに励みたい。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784766424287

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

黒岩 亜純
1968年、東京生まれ。1991年、慶應義塾大学法学部卒業後、TBS入社。長年、『筑紫哲也NEWS23』の制作に携わり、ディレクター、デスクを務める。その他「報道特集」ディレクターや、大型の特別番組を多数プロデュース。政治部を経て、2011年「夢の扉+」チーフプロデューサー。2016年よりモスクワ支局長。一般の学生が映像制作のスキルを身に着ける場を提供する必要性を感じ、1998年「ドキュメンタリー制作会アズ」を立ち上げ、映像・メディアなどの分野に人材を輩出している。

宮徹の作品

ツイートする