美しき闘争

制作 : 奥田 暁代 
  • 慶應義塾大学出版会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766424379

作品紹介・あらすじ

「いま何て言ったか聞いたか。
マルコムが死んだんだ。」

ブラック・ナショナリストの父ポール・コーツと、
自らの身を守って生きる、息子タナハシ。
クラックと銃に溢れ、一瞬にして奈落に落ちるアメリカ社会の
容赦ない現実を力強く生き抜く、父と息子の物語。

ヒップホップやラップのリリックを駆使した、疾走感溢れる文体、
自由の国アメリカの不自由さを冷徹に抉り出す、クールな批評精神――。

『世界と僕のあいだに』で全米図書賞を受賞し、
現代の黒人社会を代表する知識人と目される、
タナハシ・コーツの衝撃のデビュー作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 289.3A/C81c//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

タナハシ・コーツ
作家、ジャーナリスト。<i>Atlantic</i> 誌に定期的に特集記事を寄稿するほかブログ記事も執筆する。<i>Village Voice</i> 誌、<i>Time</i> 誌の記者を経験した。メリーランド州ボルティモア出身。父は元ブラック・パンサー党員、出版社Black Classic Pressを設立したW. Paul Coates。2008年に半生を描いた自叙伝<i>The Beautiful Struggle: A Father</i>, <i>Two Sons</i>, <i>and an Unlikely Road to Manhood</i> を出版。2015年に発表したノンフィクション<i>Between the World and Me</i> はベストセラーとなり、同年の全米図書賞を受賞している。2016年からマーベルコミックスの新シリーズ&lt…

「2017年 『美しき闘争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

タナハシ・コーツの作品

ツイートする