軍法会議のない「軍隊」:自衛隊に軍法会議は不要か

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766424539

作品紹介・あらすじ

自衛隊に軍法会議は不要か

常に負のイメージで語られる軍法会議。
はたして我々は軍法会議、軍の司法制度の正確な知識をもっているだろうか?

常に負のイメージで語られる軍法会議。またこれをもたない「軍隊」自衛隊。

当然のごとく認識されている状況は果たして正しいのか? そもそも「軍法会議」とはどのような制度なのか? 
われわれは軍法会議、軍の司法制度の正確な知識をもっているだろうか?

憲法改正が議論される現在にこそ、すでに忘れ去られ葬り去られようとしている軍の司法制度に関する、いずれにも偏ることのない客観的かつ正確な情報を提示し、軍と司法の関係を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018年6月読了。
    89ページにインパール作戦を引きつつ抗命罪の解説あり。
    命のやり取りをする組織として命令の絶対性を担保するために抗命罪規定を設けている(インパール作戦では佐藤中将は「心身に故障をきたした」というこじつけで不起訴)。

    軍隊には一般社会とは異なる法規範が必要という研究を、
    やたらと自衛隊を軍隊にしたがる人々はどの程度進めているのだろう。

    霞先生の穏やかな筆致がなかなか読ませる。

  • 東2法経図・開架 393A/Ka79g//K

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

霞 信彦
1951年生まれ。慶應義塾大学名誉教授(前法学部教授)。慶應義塾大学大学院法学研究科公法学専攻博士課程単位取得退学。法学博士(慶應義塾大学)。
主要著作:『明治初期刑事法の基礎的研究』(慶應義塾大学法学研究会叢書、1990年)、『日本法制史 史料集』(共編、慶應義塾大学出版会、2003 年)、『矩を踰えて 明治法制史断章』(慶應義塾大学出版会、2007年)、峯村光郎(田中実補訂)『改訂・法学(憲法を含む)』(霞信彦ほか改訂、慶應義塾大学通信教育部、2010年)、『日本法制史Ⅱ―中世・近世・近代』(共著、慶應義塾大学通信教育部、2012年)、『法学概論』(慶應義塾大学出版会、2015年)、『法学講義ノート 第6版』(慶應義塾大学出版会、2016年)、『明治初期伺・指令裁判体制の一掬』(慶應義塾大学出版会、2016年)他。

「2017年 『軍法会議のない「軍隊」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

霞信彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オーウェン・ジョ...
ニック・レーン
リチャード・ホー...
大鹿 靖明
ロバート・B. ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする