失踪の社会学:親密性と責任をめぐる試論

著者 : 中森弘樹
  • 慶應義塾大学出版会 (2017年10月14日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 41人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766424812

作品紹介

▼あなたは、なぜ、そこにいるのか

失踪とは何か。
その不条理さ、不可解さ、やりきれなさは、何に由来するのか。

現在でも日本国内で年間に数千件規模のペースで生じている
隠れた社会問題、失踪――。

失踪が惹起する実存的な問いを突きつめ、
あなたや私がそこにいる、という
一見自明の事態を根底から見つめなおす、気鋭の力作。

失踪の社会学:親密性と責任をめぐる試論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 過去に2回失踪した者として興味深く読みました.
    最近思う暴力の抑止と同じく失踪ってのも他者の先回りにより回避できんだろうなぁ.
    そして「親密な関係」からの離脱をしない人達ってな,ただ単に寂しくなるからじゃないのかね.
    ああ,でもお金の問題もあるのかな.
    注釈をちゃんと読んでないのでいつか再読する~

  • 東2法経図・開架 368A/N36s//K

全2件中 1 - 2件を表示

失踪の社会学:親密性と責任をめぐる試論はこんな本です

ツイートする