ルールなき省察――経済学方法論と現代科学論

  • 慶應義塾大学出版会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766425086

作品紹介・あらすじ

▼経済学の歴史、方法論、哲学の21世紀のスタンダード

長年論争の続いた経済学方法論の領域を、科学哲学・科学論の影響を中心に、広範にサーヴェイした世界的標準テキスト

経済学方法論はたんに生きているだけではなく、活発に生きているのである.現代の科学論の展開は,経済学および知識としての経済学に対する新しい考え方を可能にするだけでなく,経済学の概念がより一般的に科学知識を理解する手助けとなることをも可能にする.〔古い〕経済学方法論は死んだが,〔新しい〕経済学方法論は末永く生きつづけるのである。(「序論」より)

著者プロフィール

1951年生まれ。1981年インディアナ大学でPh.D(経済学)を取得.現在,シアトル近郊のピュージット・サウンド大学経済学教授であり,経済学方法論の専門雑誌『ジャーナル・オブ・エコノミック・メソドロジー(Journal of Economic Methodology)』の共同編集長も務めている.編著書に,Reflexivity and Economics: George Soros’s Theory of Reflexivity and Methodology of Economic Science,(edited with John B. Davis, London: Routledge, 2017)などがある.

「2018年 『ルールなき省察』 で使われていた紹介文から引用しています。」

D. Wade Handsの作品

ツイートする
×