アメリカのナボコフ――塗りかえられた自画像

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766425222

作品紹介・あらすじ

これが、『ロリータ』の内幕だ――

 新大陸に移住後、『ロリータ』によってスキャンダラスな形で知られたナボコフは、いかにアメリカの大作家へと上りつめたのか。芸術家、文学者へと意図的に自己イメージを操作しながら、亡命者から「世界文学」への道程を歩んでいった作家の姿を、本邦初公開となる膨大な新資料を通じて描きだし、従来のナボコフ像を一新する。図版多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『アメリカのナボコフ――塗りかえられた自画像』内容紹介 - 訳すのは「私」ブログ
    http://yakusunohawatashi.hatenablog.com/entry/2018/06/02/023028

    慶應義塾大学出版会のPR
    これが、『ロリータ』の内幕だ――
     新大陸に移住後、『ロリータ』によってスキャンダラスな形で知られたナボコフは、いかにアメリカの大作家へと上りつめたのか。芸術家、文学者へと意図的に自己イメージを操作しながら、亡命者から「世界文学」への道程を歩んでいった作家の姿を、本邦初公開となる膨大な新資料を通じて描きだし、従来のナボコフ像を一新する。図版多数。
    http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766425222/

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

秋草 俊一郎
1979年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、ハーヴァード大学研究員、東京大学教養学部専任講師などを経て、現在、日本大学大学院総合社会情報研究科准教授。専門は比較文学、翻訳研究など。著書に、『ナボコフ 訳すのは「私」――自己翻訳がひらくテクスト』。訳書に、クルジジャノフスキイ『未来の回想』、バーキン『出身国』、ナボコフ『ナボコフの塊――エッセイ集1921-1975』(編訳)、モレッティ『遠読――〈世界文学〉への挑戦』(共訳)、アプター『翻訳地帯――新しい人文学の批評パラダイムにむけて』(共訳)など。

「2018年 『アメリカのナボコフ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋草俊一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
筒井 康隆
遠藤 周作
ウラジーミル・ナ...
ピエール ルメー...
ウラジーミル ナ...
ウラジーミル・ナ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカのナボコフ――塗りかえられた自画像を本棚に登録しているひと

ツイートする