ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる (リュウ・ブックスアステ新書)

著者 :
  • 経済界
3.89
  • (4)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BtoCのブランドマネージャーがどんなことをしてるのかだいたいわかった。参考になる部分もあったがならない部分もあった。

  • 事実と意見の整理。グサッと刺さりました。自分は整理できていなかったです。読んでから意識してみると、わりと意見が事実にすり替わっているなー、と感じます。

  • マーケティング初学者にお勧めできる一冊。わかりやすく、それでいて質の高い内容が魅力的。

  • あるブランドのリポジショニングをどのように成功させていったのかを1冊にまとめた本。中小企業や個人にはスケールがでっかい話だけど、リポジショニングやブランドを作る際の考え方は、規模は違えど小さなお店や会社でもとても学ぶべき事が多いと思います。

  • 実は再読記録w。
    かなり前に斜め読みをして、本棚の肥やしになっていたものを、電車の中で自分の前に立っている人が読んでいたことが起因となってちゃんと読む。それはそれで結構面白い本。ブランドマネージャーを疑似体験できる。
    発行はそれなりに古いが、本質は普遍的なかなりの良書と思う。

  • ブランドとはなにか。悩みの種であるが、実はシンプル。この本はそれを教えてくれた。解ったようで何もわかっていなかった自分のブランディングに対する考えを整理してくれたありがたい本。

  • ブランドマネージャーとは何か?ということがよく分かる。でもブランドよりプロマネのことじゃない?という気もした。ブランドマネージャーという仕事がどういう仕事かということがなんとなく分かった期がする。

全7件中 1 - 7件を表示

水野与志朗の作品

ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる (リュウ・ブックスアステ新書)はこんな本です

ツイートする