取締役になれる人 部課長で終わる人 (リュウ・ブックス・アステ新書)

著者 :
  • 経済界
3.33
  • (4)
  • (15)
  • (29)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 145
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんと言っても「本のタイトル」がいいですね。

    会社員の方、必読ですね。

  • 取締役になるならないはともかく一流のビジネスマンとはなんぞやを考えるヒントになるいい本。またトップの仕事に対する姿勢、考え方も多くの有名企業トップの言葉を取り入れていて参考になりました。一流と言われる企業になればなるほど競争も熾烈で運や環境に左右されるところもありますが、その地位を得ることを目的とするのではなく真摯な態度で仕事、努力を続けていればおのずとそれに見合った結果がついてくるということかなと。最後の、「社長と副社長以下の仕事はまったく違う、なぜなら最終決定を社長に預けることができるから、副社長を10年やってもなかなか社長の勉強はできない」ということもなるほどと思いました。

  • モチベーションが上がる効果がある本です。
    取締役になるヒトの傾向ですが、
    よく働く、難しいプロジェクトを成功させている
    上司にもたてつく、左遷されても負けない、
    自分の信念を貫くことができている。
    自分自身、困難なプロジェクトを担当していることもあり、
    日々の業務の疲れで「もうやだ!」てなることも多いですが
    コレを読むと、もう少しがんばろうという気分になれます。

  • 偉い人の体験談ばかりでつまらない。

  • 企業の社長、一歩前の話が中心。

  • 耐える強さや人望でなるべくして取締役になった人たちのエピソード。
    おおいに参考になる。

  • 勉強すること。おごらないこと。人を上手く使うこと。情報には敏感になること。

  • 取締役になれる人とそうでない人の違いをまとめた本。
    今や取締役どころか、課長にさえなれない人が増えているので、
    ちょっと古い感じはしますが、
    良いことがたくさん書かれています。

    ただ、一つ一つの文言は理解できたのですが、
    その中でもう少し優先順位とか
    こういう職種の取締役はこういう能力が大事とか、
    こんなリーダーはこんなことを大切にしているということが
    あればより良かったかなと思います。

    ちょっと大事なことが盛りだくさんで、
    結局何が大事なのかが見えなかったのが残念です。
    というより、取締役たるもの全ての能力が
    抜きん出ている必要があるのかもしれませんが…。
    とりあえず、とてつもなく働いているのが
    (ちゃんとした)取締役ってイメージです。

  • 最近は、「上でも部長クラスでいいや」なんて意見も多いと聞きます。仮に出世を望んでいなかったとしても、「人事」は誰でも関心のあることでしょう。

    この本は、そんなサラリーマン達の目指すポストの中で、取締役以上と部長以下を比較して、その「差」はどこから生まれるのか、という視点で書かれています。
    役員クラスになれる人は、何が違うのか?

    詳しくは書評ブログで!
    http://ameblo.jp/nori-shohyo/entry-10608314530.html

  • 2010/6/4

全24件中 1 - 10件を表示

上之郷利昭の作品

取締役になれる人 部課長で終わる人 (リュウ・ブックス・アステ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする