スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)

著者 :
  • 経済界
3.28
  • (11)
  • (44)
  • (75)
  • (12)
  • (6)
  • 本棚登録 :435
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 根本的に文章力が無い作者なんだろうと感じた。この作者の著書は数冊読んでいるが、内容も構成力も薄い。ジョブズ風に表現すると「糞以下」だと思う。

  • スティーブ・ジョブズの成功例を基に、人を動かすということはどういうことかをまとめた1冊。
    この本を読んでいると、ジョブズに限らず、企業において成功を収めた人たちは揃って、常に挑戦し続けていることがわかる。一息つくことすら許さず、何か新製品ができれば、すぐにそれが売れなくなるような新製品を生み出そうとするように。
    しかし、ただ傲慢なだけでなく、きちんと部下たちにヴィジョンを見せ、自分のやりたいことを伝え、そして、動かして形にしていくという過程を経ており、そうした先に自分が思う成功を見ることができるということだった。
    言うは易し、やるは難し。それでも肝に銘じしておくべきことが多く盛り込まれた1冊になっていると思う。

  • 会社が潰れるパターン
    1、社長の行く方向性が間違っているパターン
    2、社長が一人で先を突っ走り、社員がついて来られなくなるパターン

  • 今となってジョブズを知らない人は皆無に等しいとは思うが、生前に彼にずっぽし心を持っていかれた後押しにもなった一冊。

  • スティーブジョブズの行動を理解するには、経営者としてではなく、芸術家として捉えると理解しやすくなる。
    という一節が腑に落ちた。
    徹底する姿勢は常人には真似出来ないということが良く分かった。

  • これもまた読み直すべき本。ためになることが多い。

  • ビジョンが明確である事、そのビジョンを伝えるプレゼン能力がある事、人を巻き込んで子細に支持を出すことが出来る事、そして結果を出せる事。ジョブズの「人を動かす」という能力を様々な角度から描いた1冊。

  • おかんに「ジョブズの本買ってきて」と頼んだら何故かこれを… これじゃなかったんやけどとりあえず。 妥協しない事が大事って事かな。 「ハングリーであれ!」「自分の心に素直に従う勇気を持つこと!」ジョブズ

  • ジョブスの失敗談、著者の補足を交え、他の本とは違う視点があり、良い本でした。

    ジョブスが亡くなり彼の人生に興味を持ったので本書を読みました。

    本書は、ジョブスの言葉だけでなく、ジョブスの周りの方の言葉、著者の補足もあり、違う視点があり、良かった。

    ジョブスの失敗で落ち込んだ話など、成功の裏にある失敗も興味深く読ませて頂きました。

    永遠に何かを作り出す考えや、ピクサー時代に次回作を意識していた点など、常に強い思いが周りに伝わったのだと思います。だから一緒に仕事をしたくなるのだと思います。

    新書ですので短い時間でジョブスを理解したい方や、ジョブスの本を何冊か読んだ方にお勧めします。

  • ジョブスの交渉力について書かれているかと思ったが、ジョブスの歴史の話が多かった。それは、それで面白かったが、思ったよりもわがままで破天荒な人物だったようだ。また、その性格によって多くの失敗も経験している。ピクサーでの成功は、思ったよりも大きかった。アニメーター、ジョン・ラセターやアップルのデザイナー、ジョナサン・アイブの存在もしることができた。彼の才能は、「優れた人物を見つけ、惹きつけ、スカウトし、夢を見させて、けしかけて、やらせる」ことにあるのだと感じた。

全46件中 1 - 10件を表示

スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)のその他の作品

竹内一正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
神田 昌典
小山 龍介
堀江 貴文
ジェームズ アレ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)はこんな本です

スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする