職場は「話し方」で9割変わる (リュウ・ブックス アステ新書)

著者 :
  • 経済界
2.80
  • (1)
  • (8)
  • (18)
  • (8)
  • (5)
本棚登録 : 127
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710885

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 得るものがない。

  • 話し方というか、考え方、接し方といったほうが正しいかも。
    心がけは大事。

  • 上司を立てるということだけ、重要だと再認識できた。

  • 話し方にもルールがあり、聞き方にもルールがある。皆が同レベルの認識を持っていれば、どんなに楽なことか。常識のある人が、常識を持ち合わせていない人に合わせなければならないことに理不尽さを感じる。

  • まずは笑顔で。自分の話をするのも良いけど、話を聞くことが大切かな。ヤッパシ。

  • 自分が相手に求めるものを、自分も相手にできていますか?
    実際に半分以上はできていない気がします。自分が求める
    ばかりで心がけを失っていた。そういう「あっそうだ」と
    いう気付きを思い出させてくれる本です。
    みなさん笑顔は大切よ!

  • 女性の~とそこまで大きな差はなかったかも?
    職場でも女性としてでも、たぶわゆ男性としてでも話し方で大切なことの基本は同じなんだということなんでしょうね。

  • 基本的な内容。
    やっぱ、主体的に動く。
    そして笑顔。
    以上!

  • 年下の社員の考えが分からない、といって、放っておくわけにもいかない。
    業務はもちろん、改善活動も常に走らせていないとならないわけだから、気持ちが分からなくても目標だけは共有化し、自ら頑張ってもらうしかない。言葉を道具に自らが相手にどう歩み寄ったらよいか。
    もう「慣れるより習え」なのかもしれない。

  • グループリーダーとなってコミュニケーションの取り方について興味を持っていたときに出会った本。やはり一緒に仕事をしていく上で、チームでのコミュニケーションは大切だし、円滑なコミュニケーションというのはある程度意識していかないとうまくできないところがある。気軽に話かけること、感謝すること、ほめること、あいさつすること、お菓子コミュニケーションなど。仕事が大変でも、メンバーを巻き込みながら、チームとして楽しく仕事がしていけるように努力していきたい。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

話し方研究所 会長

「2018年 『ちょっとしたことで“心が伝わる”話し方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福田健の作品

職場は「話し方」で9割変わる (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする