新・通訳捜査官 (経済界新書)

著者 :
  • 経済界
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766720303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北京語を使う通訳捜査官として中国人犯罪者を相手にしていた刑事、坂東忠信さん。

    中国人のガサ入れ、取り調べ・・・本当に大変だなぁ。

    ガサ入れの様子など情景が目に浮かんできてしまいました。中国人確保の時は、警察も入管も真剣でしょうが、坂東さんが文章にすると、何だかコメディみたいです。捕まった中国人のうんざりするような嘘やいいわけに、坂東さんのユニークな切り返し。激務なのにサービス精神旺盛だなぁと。予期せぬところで笑わせてくれるので、電車の中などで読んでいて、うっかり吹き出してしまい、ちょっと恥ずかしかったです。家に帰ってからゆっくり読むことにしました。

    ガサ入れの際、逃亡をはかる中国人犯罪者がケガをすると、病院にかからせることになります。治療費や入院費は私たちの税金です。留置場に収監されてる間の生活費(?)も税金ですよね。なのに彼らは留置所にいる間に体の不調部分まで治療してもらおうとするらしい。図々しいったら・・・。最低限の治療でいいのに。日本の素晴らしい医療技術を披露してあげなくてもいいんじゃない?虫歯?治すより抜いちゃえば?麻酔ナシでガッツリ抜いちゃえば?(日本人は心を鬼にしなくちゃいけないと思います)

    中国の地方の中国人の特徴も興味深かったです。中国は広いから各地域で全然特徴が違うんですね。

  • おもしろかった。今後,事件を担当するときの参考にできそう。

  • 東京で通訳捜査官として活躍した著書によって、日本における中国人(犯罪者)たちの実態が明らかにされています。最終章以外の大部分は、多くの中国人たちとわたりあってきた著者の体験が繰り返し述べられているだけで、もちろん一般人は知らない世界なのでまぁ面白いけど、それだけ。でも、現実の日本には中国人がたくさんいて、どういう状況になっているのかを認識できるという意味で重要なことかもしれない。差別ではないけど、日本にやってきている中国人と日本人との考えた方の違いについて理解しておかなければならないし、注意しなければならないことはたくさんありそう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

元警視庁刑事通訳捜査官。外国人犯罪防犯講師昭和42年生まれ。宮城県出身。昭和61年警視庁に奉職。巡査を拝命後、交番勤務員、機動隊員、刑事、新宿、池袋などの警察署、警視庁本部で勤務。警視庁本部では主に中国人犯罪に関わる北京語通訳捜査官を務め、中国人犯罪の捜査活動に多く従事。平成15年、勤続18年で警視庁を退職。退職後は作家として執筆、保守論壇に加わっての講演活動を展開し、わかりやすくお伝えすることを信条にテレビ・ラジオなどにも出演。防犯講師、地方県警部外司法通訳としても、日本の危機と中国の脅威、中国人犯罪の実態を訴える活動を継続中。趣味は骨董鑑賞。『静かなる日本戦区』(青林堂)、『中国が世界に知られたくない不都合な真実』(青春出版)、『日本が中国の「自治区」になる』(産経新聞出版)、『いつまでも中国人に騙される日本人』(ベスト新書)、『日本は中国人の国になる』(徳間書店)

「2014年 『怖ろしすぎる中国に優しすぎる日本人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新・通訳捜査官 (経済界新書)のその他の作品

新・通訳捜査官 Kindle版 新・通訳捜査官 坂東忠信

坂東忠信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする