パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)

著者 : 木下晃伸
  • 経済界 (2012年12月15日発売)
3.35
  • (8)
  • (13)
  • (19)
  • (6)
  • (3)
  • 173人登録
  • 21レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766720426

作品紹介

スティーブ・ジョブズ、孫正義、柳井正…、世界の一流は、みんなパクって成功してます!カンニング、コピー、フライング、ハッタリ。学校が決して教えない4つの技術で自分の枠を乗り越えろ。

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 権威主義でちょっとふざけた文章、嫌になってやめてしまった。
    お手本を見つけてパクる、というのは良いやり方だとは思う。

  • 図書館でパッと目を引き、数時間で一気に読んでしまいました。付箋も12枚使いました。いまちょうど、私が求めていたノウハウです。

  • パクるだけではだめで、オリジナルまで昇華させなければならない
    ビジネスモデルや成功のシステムも大事だが、ヒトそのものにフォーカスすることが大事
    オリジナリティーを出す前にまずは型にハマり切る必要がある

  • 全てはパクリから始まる。
    如何にパクリ、自分のものに昇華するか。
    なるほどの一冊。

  • たまたま手に取りました。例えがわかりやすく、面白いと思いました。

  • オリジナリティーを発揮するためには、パクることが大事。まずは1つのものから、徹底的にパクリ、自分のものにしていきたい。焦点をどこにあてるかをまずははっきりさせる。

  • 読了。

  • 年を取るにつれて、色々と知ったつもりになり、誰かに憧れたり、深く傾斜したりすることがなくなってきた。それに伴ってか自分という枠や偏見、価値基準を超えた「学び」が少なくなってきた気がする。昔感じていたような、全身からしびれるぐらい誰かに惚れ込むという経験。それは、それだけでも、とても気持ちいい感覚だったなと、本書を読みふと思った。実際、職人の世界や伝統芸能の世界では、師匠の全てを受け入れられて、初めて自分の仕事ができる。もっと積極的に、本書の言うレベルでパクることを楽しんでみるのもいいなと思う。

  • オリジナリティとは何なのか。
    世界の奇才と呼ばれる人達はなぜ、オリジナリティがあれほどあるのか。
    秘密はパクる事にあると著者は述べている。読みやすく、非常に面白い一冊です。

  • この人と決めたら徹底的にパクるということ。
    カンニング、コピー、フライング、ハッタリ。
    グローバルな観点からの分析、未来を予想した準備。

    5章の内容、特に面白い。

全21件中 1 - 10件を表示

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)のその他の作品

パクリジナルの技術 Kindle版 パクリジナルの技術 木下晃伸

木下晃伸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
クリス・ギレボー
ロバート キヨサ...
ウォルター・アイ...
ジョン・キム
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)はこんな本です

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする