中国高官が祖国を捨てる日ー中国が崩壊する時、世界は震撼する (経済界新書)

著者 :
  • 経済界
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766720433

作品紹介・あらすじ

共産党の深刻な腐敗・汚職、貧富の格差超拡大、まかり通る社会的不正義、集団的騒乱事件の増大、独立した司法制度の欠如、少子高齢化、バブル崩壊…すべてが「中国崩壊」を物語っている現状をつぶさに検証し、中国崩壊後の、日本と世界の新たな繁栄の道を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相応なデータと事象がシンプルに網羅され、かつ分かり易い解説がありがたい良書。
    今、まさに香港で起きているデモがどうなるのか。(恐らく、懐柔されるだろうが…。)

    ただ、何れにせよ、現体制の崩壊、国家分裂は近いかと。
    その時、我が国がしっかりした対応が出来る様、我々も備えておかなければ。と思います。
    偽装難民とか、テロや強奪などなど…。

    本当に迷惑な体制ですな。

  • 中国では毎日デモが550件、収賄事件もおそらく年間20万件以上、公務員の直系親族のほとんどが欧米へ移住。一人平均12億持って海外逃亡。急激な少子高齢化、独身男性の増加、崩壊へのカウントダウンは始まっている模様。人口が15億いるが貯蓄率が異常に高い中国は、個人消費は日本国内の半分くらいしかないので、市場としても実は魅力もない。行き詰まって軍事力で世界中にちょっかい出すのだけは勘弁してほしい。201306

全2件中 1 - 2件を表示

中国高官が祖国を捨てる日ー中国が崩壊する時、世界は震撼する (経済界新書)のその他の作品

澁谷司の作品

中国高官が祖国を捨てる日ー中国が崩壊する時、世界は震撼する (経済界新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする