不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか (経済界新書)

著者 :
  • 経済界
2.71
  • (3)
  • (0)
  • (9)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 107
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766720648

作品紹介・あらすじ

我々の社会が直面している「現実」を直視しないことには始まらない。現実を直視せず、精神力でなんとかするという態度こそ、この社会で幾度も繰り返されてきた悲劇ではなかったか。誰も語らなかった難問を注目の若手社会学者が解く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「なんかギスギスした最近の風潮」を扱った本なのですが、今こんなギスギスしてるのは昭和が失われたからだ!という方向性で幾つかのトピックで失われた昭和を解説する、という本です。
    タイトルで安易に手に取ってしまったのですが、個人的に期待していたような「なんかギスギスした最近の風潮」そのものの分析(昭和が失われた!に辿り着くまで)や、じゃあ我々はどうするべきなのか、という考察は含まれておりません。。「不寛容の本質」ってこういう内容じゃないのか。
    あと、サブタイトルにあるような「世代間の対立構造に本質がある!」という論は、そうかな?と疑問に感じました。違う世代の人とだけギスギスしてて空気が悪い、という認識は私には無いからです。

    そこまでなら☆3つくらいだったのですが、いささか読者向かいで不親切な箇所があったので☆2つとしました。
    この新書のフォーマットの問題もあると思うのですが、第2章以降は見たことのあるようなグラフや新聞記事の引用が本文を圧倒する勢いで(両方とも見開き2ページを使っていて、しかも序論くらいのトコで流れを切ってる感じ)、それホントに必要?と思ってしまって何とも。
    個別の章の繋がりもあまり感じられず、強いて言うなら最終章で昭和の終わりが…という論考があるくらいで、ちょっとそれも無理やり感を感じました。
    著者の頭の中では、これらの個別論と全体が綺麗にリンクしているんだと思うのですが、読者にはそれが伝わってこないのが残念。文章も謎に改行が多くて、1文章の中にカッコ書きで逆の意味の文章が入っている場所もあって読み辛かったです。

    でも、この著者がこのテーマでまた本を出されたらぜひ読みたいと思ってます。

  • 日本人の不寛容さんって原因探しをスタートに話が始まる。
    不寛容さというか格差社会の構造批判に終始していた

  • IT機器の普及や長引く不況等々…。ここ10年〜20年で日本で生きていく上での前提、価値観が大きく変わってきている。

    『不寛容の本質』と掲げられた本書では昭和的な価値観と現在の価値観の根本的なズレ・・認識のズレが世代間の断絶、つまりは不寛容を呼び起こしているのだと説いている。

    年長世代と若年世代が直面する現実の認識にギャップがあり、それらは昭和の時代に形成された「昭和の面影」なのだ……ということが本書の主張である。(P.48)

    冒頭で掲げられた「なぜ社会は多数派にとって生きづらいのか?」という問は書き進めていく内に横道にズレてしまったようだ。


    混迷と分断の時代のなかで、それでも各自が日本と日本社会について、大まかな現代史の大局観にもとづき、データを踏まえて、冷静に問題解決の判断を下す手がかりとなることが本書の目的であった。(P.192)


    不寛容の本質、すなわち構造を見通し、本書で繰り返し言及してきた社会の予知可能性改善の手掛かりを提供(P.193)


    決断を下す手掛かりは確かに記されてはいる。
    しかし、書名から感じた期待は(たとえ著者の独りよがりな決めつけだとしても)何らかの結論―もちろん著者なりの―だった。


    ジェネレーション・ギャップはどの世代間にも存在するし、繰り返されてきた争いではあるが、いまいまのそれがキツいのは世代を含めた環境による分断で、トライブが分断されていることだろう。


    ネットに対する親和性の有無、収入格差。それらによって現状への認識も将来への展望も変わってくる。それらは生来の条件となってしまうので、異なる価値観へは「不寛容」にならざるをえない。

    何処にもぶつけられないその蟠りがヒステリックに表出したのが、「ニッポンスゴイ」的なナショナリズムだったり、その裏返しとしてのレイシズムだったりするのだろうか。

  • Kindle

  • 経済的格差など、さまざまな格差があるから不寛容社会になったってことらしいです。個人がそれでどうする?の視点はないので、役に立たないクソ本かなと思いました。

  • p16〜

    これ、なかなか面白そう

  • 最初の章は「おっ」と思ったものの、以降の各章は政治や教育など本質とは言い難い議論が続いており、タイトルとはちょっと違う気がしました。

  • 昭和を前提に考えていることや格差が拡大し、お互いがお互いにそのことに自分ごととして気づこうとしていない。
    ルールを壊したのは新しいルールを作るための議論が足りていない。

  • 話題になっていたので本書を読んだ。非常に読みやすく現在の政治・社会問題をわかりやすくまとめ解説している。不寛容の本質というタイトルとは異なる政策・社会考察論考であろう。「昭和」の二つの捉え方については面白かったが、本当に昭和という時代で区切れるのかは懐疑的に読んだ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

西田亮介(にしだりょうすけ)
一九八三年京都生まれ。社会学者。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学総合政策部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。(独)中小企業基盤整備機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大学大学院特別招聘准教授などを経て現職。『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』(NHK出版/二〇一三年)『メディアと自民党』(角川新書/二〇一五年/社会情報学会二〇一六年優秀文献賞受賞)『なぜ政治はわかりにくいのか:社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社/二〇一八年)『情報武装する政治』(KADOKAWA/二〇一八年)など。

「2019年 『「言葉」で読み解く平成政治史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか (経済界新書)のその他の作品

不寛容の本質 Kindle版 不寛容の本質 西田亮介

西田亮介の作品

不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか (経済界新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする