ライスシャワー物語

著者 :
  • 経済界
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766781182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「漆黒の刺客」
    ミホノブルボン、メジロマックイーンを倒し、二回目の天皇賞を勝ち宝塚記念でファン投票で一位に選ばれる。そこには、ヒール役から主役に変わった。だがそのレースで命を落とし私たちの心の中に刻まれる。
    二番人気で強くなる精神的な強さがライスシャワーの強さ。
    関東馬なのに淀に石碑があり、最後に刺客から愛される馬になるドラマが描かれている。

  • 京都で輝き、京都に散った、名馬ライスシャワーの物語。ミホノブルボンの3冠を打ち砕いた菊花賞、メジロマックイーンの天皇賞3連覇を阻んだ天皇賞春、ロングスパートで手にした2度目の栄冠(天皇賞制覇)、そして、ラストランとなってしまった宝塚記念・・・そのすべてのドラマの舞台は京都競馬場。「淀」でライスは輝きつづけてるんですよね。。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

(しばた てつたか)
1957年東京都生まれ。日本大学芸術学部中退。2006年『下山事件 最後の証言』で第59回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)をダブル受賞。2007年『TENGU』で第9回大藪春彦賞を受賞した。他の著書に『異聞 太平洋戦記』『チャイナ・インベイジョン 中国日本侵蝕』『デッドエンド』『WOLF』『下山事件 暗殺者たちの夏』など多数ある。

柴田哲孝の作品

ツイートする