小説 渋沢栄一

著者 :
  • 経済界
2.83
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766781908

作品紹介・あらすじ

「論語とソロバンの一致」その哲学を実践し、新国家の建設という壮大なプロジェクトに挑戦した男の原動力とは何か!新生日本の設計者・渋沢栄一の数奇な生涯。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本を読む時は、自分の生き方と照らし合わせて、なるほどな、と感ずる様な読み方をしろ。そうなると、知らず知らずのうちに、読書力が増して、難しい本も読めるようになる。

    セールスは相手を憎む戦いではなく、相手を愛する戦いである

    本道でうまくいかない場合、バイパスで勝負し、本道の勝負にも決着をつける

    表現は昨日地方から東京にでてきたお手伝いさんにもわかるような言葉を使わなければダメだ

  • 幕末から明治時代にかけての事業家である渋沢栄一に関する小説を読みました。

    タイトルの「論語とソロバン」は渋沢栄一の理念で、道徳(論語)と経済利益(ソロバン)を一致させるという考え方を指します。人間愛の理念に裏打ちされた資本主義社会を目指し、近代の日本の金融や経済を立ち上げていきました。

    この本であらためて「ヒト」「モノ」「カネ」の重要性を感じました。さらに、企業家として「形式主義」という馴れ合いを嫌い、事業の存在が社会に貢献できるかを論理的に考えることの必要性を感じました。

    今の企業にこのような考えをもつところがあるのかわからなくなってきています。私利(自分の利益)は即ち利他(他を利する=利益還元)であるともいった渋沢栄一の考えは、今の世の中を変えていく考えを暗示しているのではないかと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1927年東京生まれ。東京都庁にて広報室長、企画調整局長、政策室長等を歴任後、79年に退職。以後は執筆活動に専念し、歴史を題材に、組織と人間の問題を浮かび上がらせる手法で、数々の話題作を手がけている。第43回芥川賞候補。99年には勲三等瑞宝章を受章。

「2018年 『歴史の生かし方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

童門冬二の作品

ツイートする