トヨタ流自己改善力―「知恵」に限界はない!

著者 :
  • 経済界
3.36
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766782806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・「あればいい」データーのほとんど「なくてもいい」データ

    ・自分の仕事に「仕方がない」ということは、自分に「知恵がない」ということ。

    ・あきらめないこと。あきらめは習慣になる。

    ・何を見るかよりも、どう見るか。

    ・自分以外はみんな自分の顧客。そう考えれば仕事の流れがよくなる

  • たぶん、必要や興味があれば感動したり、考えさせられる部分もあると思うのだが、そういった動機がないため、ただ文字を追って行くだけの読書だった。以前にもトヨタ流に興味を持って読んだことがあったが、言葉で説明されてもボーとした姿しか見えてこない。

  • トヨタ自動車という会社を主題にした本は数々出版されている。この本も同様、トヨタ流、仕事のやり方というものが網羅されている。
    <br><br>
    トヨタという会社が、販売台数でトップに踊り出るまでには、これほどまでに社員の努力と苦労があったかと思うと、自分の仕事が恥ずかしくもなる。
    <br><br>
    当たり前のことが当たり前にできていないのが現代社会であり、自分自身も、その当たり前が出来てない1人だと気づいた。様々なところにヒントが満載の1冊。そして、自動車製造業に限らず、全ての業種の方々に読んでもらいたい1冊だ。

全3件中 1 - 3件を表示

若松義人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン・トレ...
ロバート キヨサ...
クリス・ギレボー
阿部 紘久
有効な右矢印 無効な右矢印

トヨタ流自己改善力―「知恵」に限界はない!はこんな本です

ツイートする