自分のカラを破る力が湧く言葉

  • 経済界
3.44
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766784107

作品紹介・あらすじ

一人は早稲田卒、リクルート、そこで社会の「本質」をとらえ続け、創業したコンサルティング会社社長。もう一人は中卒、プロボクサー、そして塗装の職人世界でのし上がり、世の中の「現実」を「汗」で掴んだ、創業社長。正反対の人生を選んだ二人は、同じ境遇から生まれた「兄弟」だった。明日、必ず元気になれる77の生きる言葉。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小笹 芳央さんと小笹 公也さんの兄弟対談。

    早稲田→リクルート→起業の兄と
    中卒→職人→独立・起業(後、大学入学&卒業)の弟。

    経歴だけを並べると、全然違う道を歩いてきた二人だけど、
    考え方や事業を起こして展開していくための考え方や
    モチベーションの方向性が似ていて、面白かった。

    二人に共通していたことは「ものごとを前向きに見ること」
    失敗してもそれがチャンス!と思うところなどは
    かなり共感ができた。

    対談形式なので読みやすいと思う。
    ただし、どちらかといえば考え方や精神面での内容だから
    「何をどうすればどうなる」という答えが書いてある訳ではなく。
    ノウハウ本だ!と思って購入すると「違う」と思うかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(株)リンクアンドモチベーション代表取締役会長
1961年、大阪府出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、(株)リクルート入社。2000年、(株)リンクアンドモチベーション設立、同社代表取締役社長就任。気鋭の企業変革コンサルタントとして注目を集める。2013年より現職。現在は、モチベーションを切り口にした企業変革コンサルティング事業、個人のキャリアアップを支援するスクール事業、企業と個人をマッチングする人材紹介・派遣事業を展開するグループの代表として経営に携わる。 『モチベーション・リ-ダーシップ』『会社の品格』『松下幸之助に学ぶモチベ-ション・マネジメントの真髓』など著書多数。

「2018年 『本気の説教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小笹芳央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ・マグ...
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする