ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話

  • 経済界
3.46
  • (72)
  • (181)
  • (189)
  • (57)
  • (15)
本棚登録 : 1274
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766784589

作品紹介・あらすじ

心配性でいつも不安な妹、ヘッテル。お金のことばかり考えてる兄、フエーテル。激動の時代を生きる2人を待ち受ける末路とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネーミングと辛辣な表現が秀逸ですね。

    ミセス・インディ
    ピノキオミツギシGFJ銀行
    アホ・スギン・チャン
    ヘルスン
    ヤンデレラ
    などなど。

  • すんごく読みやすい。わかりやすい。絵が多くて理解しやすいから手に取りやすい。これは売れる本だと思う。図書館に置くべきではないとは言わないけど、別に図書館に入れなくても売れる本だと思う。ほかの話もあるらしいんで読んでみたいですね!

  • 至極まっとうな内容だと思う。楽して儲かることはないし、よく知りもせず寄付したり投資するなって話だ。まず自分の収支を把握し、無駄をなくし、身の丈に合った幸せをありがたいと思うことがいちばん堅実な道だと、時々この本を読んで思い出そう。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「身の丈に合った幸せを」
      ギャグかと思ったら真面目な話なんですね。文庫になってるようなので、ちょっと見てみようっと!
      「身の丈に合った幸せを」
      ギャグかと思ったら真面目な話なんですね。文庫になってるようなので、ちょっと見てみようっと!
      2013/02/02
  • 面白くて、なおかつ参考になるものばかり。警句だと思うと、毒の強さも気にならない。

  • 運用で利益を得るのは、一種のギャンブルだから正解はない。とはいえ“貧者への課税”=宝くじ並みに必敗な例が数件挙げられている。「運用を専門家が行う」投資信託、日経平均をオーバーパフォーマンスする銘柄はほとんどない、相場の高騰期に利益少なく運用手数料高く詐欺られリスクさえ。ゼロ金利が今後も続く日本、これから引退する世代は十分な年金もなく、資産形成もされていない成分が多い。/「生きがい」≒教養・趣味・娯楽と「子育て」と「老後資金」のどれを重視するか、健康寿命=長生きリスクをどう見積もるか。憂鬱な自己への問いかけ

  • 清濁含めてウィットの効いた(本題とはあまり関係ない部分までパロディにしているのはちょっとやり過ぎな気がする)「お金」に関する物語。語られていることは的を射ていると思うし,物語形式だから心に刻みやすい。
    なぜこの人が本名を使っていないのか(マネー・ヘッタ・チャンというペンネームは面白くて,それっぽくて嫌いじゃないんだけどね)。あと,なぜこの本を書いているのか?ということ。別にこの人がどうこうというわけではないけど,そうやって疑いながら判断していかないといけないのだろうというのが,この本の重要な教えだと思う(2章を参照)。

  • まず、この本のコンセプトがすごい。

    私たちは幼い頃に聞いた寓話から、してはいけないこと、していいこと、とりわけ美味しい話に乗ってはいけないということを散々刷り込まれて来た。しかし、昨今のニュースでは「オレオレ詐欺」、「年金問題」といったお金の絡んだ問題が毎日のように報道される…

    それを憂えた筆者は金融の問題を寓話仕立てにアレンジして本書で論じている。これはなかなか斬新。

    ただ、私はこの手の本はあまり好きくない。
    なぜなら、書いてる本人が金儲けしようとする側を批判しても、本を出してるって点でこの人も金儲けしたいわけだし、これらの皮肉たっぷりな情報が正しいという根拠がないからだ。
    しかも、結構当たり前の話ばっかり。

    そう思うのは、自分が今まで騙されるような事例に逢わなかったから、信じられないのかもしれないけど…
    本書はまだ騙されたことのない私に、おいしい話の影に隠れた危険を察知させるヒントをくれたかもしれない。

    読んでて驚愕したのは、アフリカの貧困を訴え募金を集めてるNPO、ODAが実は全然貧困廃絶のためにお金出してないって話。
    ホワイトバンド、信じてたのに。
    でも、確かに、それらの活動が確実に実を結んでいるのならば、今のアフリカはもっと変わっているだろう。

    ところどころ皮肉な表現に、笑ったりしてしまった。
    なかなかおもしろかった。

  • 過去の既読本

  • 現代の寓話として秀逸。騙す側は巧妙になる一方なので、騙されても心に余裕を持てるぐらいになりたい。すべてを疑い、警戒することもいいが、真贋を見極めるのって難しい。何も行動しないことが一番無難ということか・・・【書店で立読み】

  • お金にまつわる残酷な話を面白おかしく書いてます。ちょっと悪ふざけ?っぽい所もありますが、私はニヤニヤしながら読めました。
    この本に書かれている教訓は、ある程度の知識を持っている人ならよく聞く話ですが、若い人、知識の無い人にはためになる教訓です。

全252件中 1 - 10件を表示

マネー・ヘッタ・チャンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
神田 昌典
ロバート キヨサ...
マルコム・グラッ...
村上 春樹
松下 幸之助
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話を本棚に登録しているひと

ツイートする
×