心屋仁之助の「奇跡の言葉」

著者 :
  • 経済界
3.51
  • (11)
  • (26)
  • (28)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 257
感想 : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 語りかけるような文章
    読み易くイッキ読み。
    読む時々により心に響く言葉は
    違うかもしれない。

  • 魚が陸にいるから苦しいんだ。
    鳥が歩いてるから遅くて苦しいんだ。
    ぜんぜん自分らしくないから、みんなと同じになろうとするから苦しいんだ。
    怖がってやってることをやめて
    怖くてやってないことをやればいい。
    自分以外の何かになろうとするのをやめること。

    適材適所ってやっぱりあると思っていたので、自分らしくいれること、怖くてやってなかったこと、やってみたいと思いました。

  • 心に染みる言葉がたくさんあった。
    自分は自分って思えるようになった気がする。(笑)
    共感できるところや、分かるようで分からないこともあったけど、今のわたしにとっては、大切な言葉ばかり!!

  • 心が軽くなる言葉集。

  • 心屋さんの考え方に初めて触れた本。

  • なぜか読んでみたいと思って読んだ本。素直になれるときを探していたのかも?

  • ことわざとその内容の解説ページがセットになつている。自分を閉じ込めるようなことはするなということ。怖がらずにやつてみること。本当の自分、人と自分、人生と自分について書かれている。

  • 心屋仁之助さんのblogやfacebookを読んでいるので、こちらの本は、いつも基本ベースで仰ってることの「まとめ」のようにすらすら読めました。

    親や環境から勝手に植え付けられた「常識」「普通」「幸せ」の概念に縛られないこと。それらからの解放。

    過去に身に起きた出来事のパターンで、癖がついてしまった思考回路や自分の考えが、自分を守るためのはずが、知らずにどんどん自分を苦しめていたこと。

    本当に「勘違い」や「勝手な思い込み」でいちいち悩んだりして、自分を苦しめていたのだなぁと。

    『「過去の経験」に振り回されない「幸せの連想力」』

    『自分を好きになるということは、自分を変えて、好きな自分になるのではなく、「ダメな自分」を受け入れること』

    『大切にされるということは、自分を大切にすること。自分を大切にできるようになると、他人を大切にできるようになる』

    『僕が欲しかったものは、成功でも、能力でも、強さでもない。本当は、ただ満たされたった。本当は、ただ認めてほしかった。本当は、ただわかってほしかった。本当は、ただ自由になりたかった。本当は、ただ安心したかった。本当は、ただダメな自分に消えてほしかった。成功してなくても能力がなくても弱くても、幸せに生きている人がたくさんいる。自分には、ただ感謝が足りなかっただけなんだ』

  • 2016/1/2book-offで購入。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理カウンセラー。兵庫県生まれ。「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォーム心理カウンセラー」として活動。19年間大手企業で働き管理職まで務めたが、自分や家族の問題がきっかけとなり、心理療法を学び始め2007年にカウンセラーとして起業、現在は京都を拠点として、全国各地での講演活動やカウンセリングスクールを運営。2012年から約3年間、テレビのお悩み解決テレビ番組で多くの芸能人をカウンセリングし泣かせ、一躍話題になったその独自の「魔法の言葉」カウンセリングスタイルは、たったの数分で心が楽になり、現実まで変わると評判。
著書に『いい人をやめればうまくいく』『神様をめぐる旅』(以上、セブン&アイ出版)『心屋仁之助 最初で最後の講演録~人生を大逆転させるには~』(かんき出版)などベストセラー多数、累計で600万部を超える。また、2014年より音楽活動を本格的に開始し、2017年2月には初の日本武道館ライブを行い、5,500名以上の観客を動員。現在も音楽活動を積極的に行っている。

「2020年 『心屋仁之助のずるい生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

心屋仁之助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三浦 しをん
桜木 紫乃
心屋 仁之助
有効な右矢印 無効な右矢印

心屋仁之助の「奇跡の言葉」を本棚に登録しているひと

ツイートする
×