今すぐフォロワーはやめなさい! 人生のリーダーになるために、やるべきこと、やってはいけないこと

著者 :
  • 経済界
3.44
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785463

作品紹介・あらすじ

あなたはリーダーですか?フォロワーですか?「リーダーにしかお金も人も集まらない」「リーダーしか好きな人生はおくれない」「リーダーしか大切な人を幸せにできない」「弱い人間ほどリーダーになれる」…など、暴走族、裏社会を経て、100億円企業を手がけたビジネスパーソンが教える「自分らしく豊かに生きる方法」「エリートでは教えられない人の動かし方」を初公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生のリーダーについて知りたくて読書。

    30代最後の年で人生の大きな帰路、転換期にぶち当たっている。

    こんなタイミングで読むと感じられる感想や氣づきがまるで違うから人間は不思議なものだ。

    特殊な環境と経歴を持つ著者が歩んだ個性的な生き方は、私にって必ずしも再現性があるとは言えない。しかし、学び、血肉にできそうな要素もある。

    本書で紹介するリーダーとは発信者であり、自熱型、利他な人。
    フォロワーとは、受信者であり、不熱型、利己な人。

    メンターの大切さ、付き合う人が人生の質を左右するなどジョン・C. マクスウェル氏の著書を思わせる点を強調している。

    有名になったり、知名度が上がったり、いわゆる成功者となりステージが変わると、周りが反対者や敵、抵抗してくるようになる。そうなれば、成長したと思えばいい。

    少し長いが、記録代わりの引用、
    人が変わるときに周囲は必ず抵抗します。結局、否定する人はアナタにフォロワーのままでいて欲しいのです。
    なので、むしろ反対する人や否定する人が現れたら、順調に前に進んでいる証だと考えてよいでしょう。
    否定や誹謗中傷も、ある時期を過ぎれば、ピタッと止み、次第に応援者が現れてきます。(p136~137)

    メンターや師匠、ロールモデルなどこの人はっと心から思える人が現れたら関係を維持、発展させるための努力を重ねる。本物と偽物を見分けることへもつながる。

    いい転機なので、最後の「リーダーになるためのワークシート」へ取り組んでみたいと思う。

    読書時間:約35分

  • 【書きとめた言葉】
    ①自分が発信したものに見合ったものしか現実は引き寄せれない。
    ②本音で語れば語る程、それに共感する人や今の自分に必要な物が次々と引き寄せられてくる。
    ③・この人の為なら全力で頑張れる
     ・この人は心から尊敬できる
     ・一緒にいるとワクワクする
     こう思える人と一緒にいるのが成長と幸の秘訣!

  • 著者の経歴が凄いな。が、まず一言☆
    以外言えない(;゚д゚)ェ. . . . . . .

    そして内容について
    自分の周りの5人の平均年収が自分の到達出来る年収。
    本気で変わりたいなら、環境や人間関係もセットで変える。
    変わる時の重要ポイント3つ
    ①誰からまなぶ?
    ②誰と組むか?
    ③何をするか?

    リーダーになるための
    【やるべき10リスト】
    1.家族を大切にする
    2.学びに投資
    3.古い常識をぶち壊す
    4.常に一緒にいる人を選ぶ
    5.仲間や顧客を徹底的に勝たせる
    6.体を鍛え自分を磨く
    7.ビジョンを語る
    8.常に情報を取りにいく
    9.やると決めたら何がなんでもやる。
    10.愛する人を見つける

    【やってはいけない10リスト】
    1.自分を安売りしない。(お金と時間を浪費しない)
    2.愚痴や人の悪口を言わない
    3.どうでもいい情報ばかり受け取らない。(無目的で時間を浪費しない)
    4.自分を決めつけない
    5.問題を問題視しない。
    6.身だしなみをないがしろにしない。
    7.体に悪いものばかり食べない。
    8.人の自身を奪わない
    9.努力=成功だと思わない。
    10.何事にも受け身にならない。

    著者のあとがきにあった一言
    たくさん色んな事があって、不安に押しつぶされそうに何度もなったけど、

    ただ、諦められなかった
    自分や後ろについてきてくれる仲間の未来を。

    が、凄く心に響いた。

  • 薄い

  •  フォロワーがいなければリーダーになっても仕方がない。そしてそのリーダーになろうとする人がフォロワーを軽んじているのはとてもとても理解できない。

     所詮人は一人では生きていけないだからこそいろいろな人と交流をもとうとしている。なのに今はそれすらも利用し金を稼ぐ道具としようとしている。その行いがどうもしっくりと行かない。

     今でも企業は学歴重視である。
     大企業や公務員も安泰ではないがそれいかにはならない
     常識や思い込みを抜け出したとしても可能性を得られるわけ  ではない
     勉強は必要悪でありやらなければならないものはやらなけれ  ばならない。そして一部の先進的、インターナショナルスク   ールが素晴らしい教育をしているというのも幻想に過ぎな   い。
     メンターは自分が都合よくできる人を引き付ける物であり人を  成長させる能力は二の次である。
     いいねと言われれば応援者ではないし仲間でもない。本当の  応援者であればいいねと言わなくても支援をしてくれる。
     人は誰から学ぶか誰と組むかでは変わらない自分が何をな  すかで変わるものだ。人はそのきっかけにしかならない。
     受け身は大切な要素である。主体性は受け身を無意識にと   ることができたときに生まれるものだ。
     
    と要はこの本にあることをすべて学べばうまくいくと思い真剣に読む自分が一番のバカだったということだ。

  • リーダーになるにはfacebookで語れ!与えられる人になろう‼

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

10万部突破のベストセラー『自分を愛する技術』の著者による最新作!ユーチューブ再生回数600万回以上。講演会をすればすぐに満席になるという、元暴走族、元裏社会出身で、現在は、100億企業など、複数の経営に関わる。

「2015年 『ONE 「1つになる」ということ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤秀視の作品

今すぐフォロワーはやめなさい! 人生のリーダーになるために、やるべきこと、やってはいけないことを本棚に登録しているひと

ツイートする