親が死んだとき後悔する人、しない人の実家の片づけ 1500件の片づけをした遺品整理の専門家が教える

著者 :
  • 経済界
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785906

作品紹介・あらすじ

親の家の片づけは、突然、必ずやってくる。大抵の人が「親が亡くなった後」では片づけられなくなる。「生前整理」とは単にモノを捨てることではありません。本書を読めば「幸福な片づけ」ができます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言わんとするところは解らないではないが、同じような内容を繰り返して述べている感はぬぐえない。
    巻末のQ&Aが実際に実用的に役立つところのようだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

さいたま市で遺品整理業を営む「遺品整理の埼玉中央」代表。1960年生まれ、東京都出身。パシフィック州立大学(ロサンゼルス)短期課程卒業。京王プラザホテル、シェラトングランデトーキョーベイホテルを経て、2000年にハウスクリーニング業を開業後、自ら実家の遺品整理の経験をしたことから、2005年より遺品整理の事業を本格的にスタート。作業累計は約1500件。ホテルマン時代に培った、きめ細かいサービスで数多くの遺族から感謝の言葉が寄せられている。遺品整理業者の視点からエンディングノートの普及活動を行う「埼玉県終活コンシェルジュ倶楽部」の代表も務めている。

「2014年 『もしものときに迷わない遺品整理の話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内藤久の作品

親が死んだとき後悔する人、しない人の実家の片づけ 1500件の片づけをした遺品整理の専門家が教えるを本棚に登録しているひと

ツイートする