スティームタイガーの死走 (ケイブンシャノベルス)

著者 :
  • 勁文社
2.92
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766936773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これが「そんなバカな!」サイドのバカミスか。
    最後の仕掛け・総理大臣の性別・列車消失トリック・突然客室に現れた死体、などなど。

    どれをとっても荒唐無稽な理由が、最後にはありました。

    だけど私にとっては面白いと感じられず。
    内容は短いのに進まない・・・。

    こういうドタバタ劇、苦手なのかもしれません。
    キャラにも魅力を感じなかったです。

  • 非常に星3に近い4かもしれない。これが、ライトノベルの欄に置かれていても不思議ではない。というか、ライトノベルとして読みたい。そんな作品。
    というのは、キャラクターの存在感が軽すぎでせっかくのミステリーでありながら軽薄さが印象付けられてしまう。
    ストーリー自体は細かく考えられていて面白いことは面白いけれど、やっぱり鉄道マニア、機関車マニアでないといまいち楽しむことができないのではなどと読みながら考えてみたり。
    それでも、ストーリーの展開の速さと読みやすさのおかげであまり苦痛を感じることもなくラストまでたどり着ける。
    ただ、そのラストはちょっと無理があるんじゃないの?とかやっぱり考えてしまって、そのもったいなさみたいのが残ってしまう。本格ではなく、もっとキャラ立ちを考えられたライトノベルだったらもっと気楽に楽しく読めてしまうのだろうな。などと考えながら読了。

  • 2002年版このミステリーがすごい!第4位。いやー予想外のバカミスだった。よくこんな上位になったな。そんな読むのは苦痛じゃなかったけど、最後にがっかりって感じ。

  • 感想未記入

  • 機関車の隠し方、やられました。
    本格な匂いの中にドタバタな感じがするのが霞氏の良さであると思うが十分に発揮された1品である。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1959年岡山県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。映画会社に勤務しながら、94年に『おなじ墓のムジナ』で第14回横溝正史ミステリ大賞で佳作入選し、作家デビュー。主な作品に『スティームタイガーの死走』『首断ち六地蔵』『ウサギの乱』『スパイダーZ』『夕陽はかえる』『フライプレイ! 監棺館殺人事件』『独捜! 警視庁愉快犯対策ファイル』など多数。本書は映画をテーマとした本格ミステリの隠れた傑作短篇集として高い評価を受け、10年ぶりの復刊となった。

スティームタイガーの死走 (ケイブンシャノベルス)のその他の作品

霞流一の作品

ツイートする