文化と社会を読む 批評キーワード辞典

  • 研究社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767434728

作品紹介・あらすじ

日常の言葉と専門の用語を架橋する試み

現代社会・文化を理解するためのキーワード+批評理論用語集。 「新自由主義」「メリトクラシー」「ポストフォーディズム」「公共圏/親密圏」「マルチチュード」などの小項目と、「自由」「マネジメント」「戦争」「自然」「コミュニティ」「老いる」「世界(セカイ)」などの大項目で構成される。テーマごとにまとめた有機的配列で、通読しても知的興奮が味わえる辞典。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レイモンド・ウィリアムズの「キーワード辞典」(晶文社、平凡社)みたいなモノかな?

    研究社のPR
    「日常の言葉と専門の用語を架橋する試み

    現代社会・文化を理解するためのキーワード+批評理論用語集。「新自由主義」「メリトクラシー」「ポストフォーディズム」「公共圏/親密圏」「マルチチュード」などの小項目と、「自由」「マネジメント」「戦争」「自然」「コミュニティ」「老いる」「世界(セカイ)」などの大項目で構成される。テーマごとにまとめた有機的配列で、通読しても知的興奮が味わえる辞典。」

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

関西学院大学准教授。専門は20世紀イギリスの文化と社会、批評理論、演劇。英文学会の第31回新人賞受賞(若手の優秀な論文に与えられる)。共著に『現代批評理論のすべて』(新書館)、『文化と社会を読む 批評キーワード辞典』(研究社)、『愛と戦いのイギリス文化史――1951-2010』(慶應義塾大学出版局)、共訳書にエドワード・W・サイード『文化と抵抗』(ちくま文庫)、『故国喪失についての省察2』(みすず書房)、トニー・ベネット他『新キーワード辞典』(ミネルヴァ書房)など。

大貫隆史の作品

ツイートする