沖縄語辞典―那覇方言を中心に

  • 研究社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767490526

作品紹介・あらすじ

沖縄那覇方言から、現在の60歳代以上によって日常用いられてきた語を中心に約8000語を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国立国語研究所の『沖縄語辞典』は、すでに死語となっている首里士族男子方言を収録しており、貴重な資料となっている一方で、現在広く使用されているウチナーグチ(沖縄本島中南部方言)を反映したものではないという欠点もあった。本書はその欠点を補っており、琉球語を研究する者にとっては国立国語研究所『沖縄語辞典』と並んで必携の書であると思う。
    見出し語はカタカナで表記されており、初学者にも使いやすい。IPAも付されているので言語学(音声学)を学んだ者にとっては国立国語研究所のものよりとっつきやすい。アクセントも⓪①ではなく_ ̄で表記されておりわかりやすい。

  • これまで出版されてきた沖縄語辞典が、国立国語研究所編のものに代表されるように首里のことばを扱っているものが多かったが、これは那覇方言をメインに扱っている点で非常に画期的。アクセント表記も非常に分かりやすく良心的。

  • なんとなく知りたかったうちなーぐち。ちょっと勉強になりました。でも難しい。

  • 分類=沖縄語(琉球語)。06年5月。

全4件中 1 - 4件を表示

内間直仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

沖縄語辞典―那覇方言を中心にはこんな本です

沖縄語辞典―那覇方言を中心にを本棚に登録しているひと

ツイートする