力学・素材・構造デザイン

  • 建築技術
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767701318

作品紹介・あらすじ

構造設計者や建築家が知っておくべき建築構造形態に関する“かんどころ”を、力学的な視点から分析を行い、簡単な例題とそれを応用した歴史的建造物から現代建築までを解説する構造デザインと各種理論の入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 構造デザインを力学的に考察した構造専門書

    構造デザインや解析に必須の基本的な知識が載っている書籍になっている。私は、第7章の「幾何剛性を利用した構造デザイン」を特に参考にした。幾何剛性などの説明がわかりやすく書いてあるので、研究を進める上で非常に重宝した。写真や図が多用されているので、構造分野以外の人も読みやすいのではないかと思う。

    橋本 琢人 [takuto hashimoto]

  •  第IV章 RC自由曲面シェルの構造デザイン、第VII章 幾何剛性を利用した構造デザイン、第X章 木質ハイブリッド構造による空間構造、第XI章 空間構造デザインの原点-トロハと坪井の設計思想、がおもしろかった。
     最適化手法によるRC自由局面や木質ハイブリッド構造および、建築構造の歴史など、実際の実務で設計する機会は少ないかもしれないが、構造設計者の教養(常識)的なこととして知っておくことは必要であると思う。

全1件中 1 - 1件を表示

坪井善昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする