建てずに死ねるか!建築家住宅 (Oshima bon (01))

著者 : 大島健二
  • エクスナレッジ (2002年12月12日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767802633

建てずに死ねるか!建築家住宅 (Oshima bon (01))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配置場所】工大一般図書【請求記号】527||O【資料ID】91021438

  • バブル後に小遣いを減らされたモノマガジン世代の男たちが、堂々と大金を使える。それが建築家住宅。建築家に家づくりを依頼するのは100世帯に1件。建築家の住む世界がわかる貴重な本。

  • 本に人見知りする私が珍しく知らない人の本に手を出してみました。
    皮肉の利いた挿絵に文章が面白い。
    宮脇檀さんのエッセイの時代では家づくりは主婦のもの、という状態が当たり前だったのが、本書では『バブル期の華やかなころがどうしても脳裏から消えず、「おれはこのま終わってしまうのか・・・」。そんなとき、「家」だけは家庭内合法的に大金を使ってもかまわないものであることに』気づいた亭主中心の家づくりに変わってきていると指摘。なるほど。

全3件中 1 - 3件を表示

大島健二の作品

建てずに死ねるか!建築家住宅 (Oshima bon (01))はこんな本です

ツイートする