建築日和 No.01 (エクスナレッジムック)

制作 : ぽむ企画 
  • エクスナレッジ
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (85ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767806440

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ポストモダン建築と呼ばれ、バブルの頃に多数作られ、どちらかといと「なかったこと」「恥ずかしいもの」扱いされているバブル建築を扱った一冊だ。
    妙に手作り感のある雑誌記事風の体裁になっている。
    いかにも、な「わけわからない」見た目の商業施設や公共建築から、多額の予算をかけて架けられた大橋などまで紹介されている。
    安藤忠雄までポストモダン扱いされているのはどうなんだろうなぁと思いつつ、興味深く読んだ。
    いいとか悪いとかは置いておいて、世相や時代を反映するのが建築であり都市景観なんだろうな。

  • バブル期・自意識過剰建築のウォッチ本。
    編集自体が茶化す気満々、そのペラペラな批評感に気恥ずかしさが漂います。
    まあこういう姿勢でバブル建築のバカバカしさをうがつ本があってもいいかも、です。

    エクスナレッジ社なのに、建築情報内容としては、Webの個人サイト並に情報量は薄いです。なにかはしゃぎたかったんでしょうか...?
    茶化すためのネタ資料本ていどには、価値アリです。

  • サブタイトルが「バブル建築へGO!」

  • バブル建築巡りしたくなる

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ぽむ企画 平塚 桂、たかぎみ江による編集プロダクション。京都と鎌倉を拠点とする。建築・不動産・まちづくりといった分野を中心に、編集、 出版、イベント企画、執筆、イラスト等を手がける。http://pomu.tv☆

「2016年 『空き家の手帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする