ホーキング、宇宙と人間を語る

  • エクスナレッジ
3.62
  • (18)
  • (38)
  • (44)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 458
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767810447

作品紹介・あらすじ

なぜ、宇宙は存在しているのでしょうか?なぜ、私たちは存在しているのでしょうか?私たちはいったい何者なのでしょうか?私たちと宇宙を支配する究極の理論とは何なのでしょうか?3000年以上にもわたり人類が探求してきたグランドデザイン-宇宙の偉大な設計図-を最新のアプローチにより提示。世界的ベストセラー『ホーキング、宇宙を語る』『ホーキング、未来を語る』に続く、9年ぶりの最新理論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホーキング博士が、古来から科学の法則や宇宙モデルを構築してきた科学者達と、その内容について説明した本。内容はかなり難しく、前提知識がないと全く分からないと思われる。(私もほぼ分からなかった)

    地球を球体と考え、その長さを測定したエラトステネス、2000年以上前に太陽中心説(地動説)を唱えていたアリスタルコス、その他アルキメデスやピタゴラスなど、古代ギリシャの時代から驚くべき精度で観測や計算がなされていたことに大変驚いた。

    また、ガリレオやニュートン、アインシュタインにしても、驚くべき思考能力と想像力をもってしてモデルを組み立てていたことが分かる。1000年以上も自明とされてきた理論を覆すことは、常人にできることではない。情報の限られた昔であればなおさらである。

    彼らは、従来の常識を疑い、疑問を持ち、探求し続け、新たにモデル化することをやり遂げた。ガリレオにしても、異端尋問で有罪を言い渡されても主張を変えなかった。純粋に科学に向き合ったその姿勢には敬服する。また、

    宇宙に関して言えば、アインシュタインの理論でビッグバン以降の宇宙の変遷は説明できるが、ビッグバンが何故起こったかという「特異点」までは説明ができないということだった。宇宙は当初極小かつ高温、高密度の点だったようだが、何故そのような点が出現したのか、その理由についてはまだ謎が多いようである。

  • 『宇宙で面白いのは、「物理」がシンプルであるのに対して、「化学」が複雑であること。』

    相対性理論を含めた古典物理学、量子力学を平易に解説した上で、万物に適用しうる普遍法則は存在するのか?という命題に体当たりしている。M理論を支持する技術的な根拠だけでなく、自身の哲学観も交えて語っているため、非常に読みやすく、「神は”なぜ”宇宙をつくったのか?」という大衆的な終局地にも違和感なく不時着している。あとがきで「偉大な設計図」に触れて本と宇宙を対比させている点もまさに慧眼であり、そこらの宗教チックな宇宙本との歴然たる格差を実感せずにはいられない。

  • ホーキング博士の書物の中でもかなり読みやすい内容だと思った。個人的にはライフゲームの紹介について、知らなかった取り組みだったので非常に面白かった。
    本文でも謝辞でも見せるように、非常にユーモアがあって世界中で愛されるホーキング博士の魅力がたっぷり詰まった作品だった

  • わかり易い。

  • 難しい本だがなんとか読み終わった
    宇宙の法則はエム理論と言う法則で説明できる
    神が宇宙を作ったとか言ったことではなく法則で結論づけられる
    また宇宙は無数に存在しており、今ある宇宙を見れるのは人間が観測しているから宇宙を見ることができる

  • 初ホーキング。

    最初の2、3章は、文系頭にも案外すんなり入ってくる分かりやすさで、量子論に話が及んでも理屈は分からないまでもイメージはなんとなくできたのですが、ファインマンやアインシュタインが出てきたあたりで怪しくなってきて、M理論やひも理論などと言われるともうちんぷんかんぷん。
    後半は、ほぼ字面を追っているだけになって、結局のところ書いてあることの1割くらいしか理解できなかったな…という感じ。

    まあでも、ホーキング博士の云わんとしていることも、何となーくですがぼんやりとは伝わってくるんですよね。
    特に、「<a href="http://images.google.com/webhp?hl=ja#hl=ja&source=hp&biw=1227&bih=855&q=%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E4%BE%9D%E5%AD%98%E5%AE%9F%E5%9C%A8%E8%AB%96&aq=f&aqi=g1&aql=&oq=&fp=e6d2dace7c77433">モデル依存実在論</a>」って考え方は面白いな、と思いました。
    あるモデルが観測結果をよく説明するのであれば、そのモデルの真偽は問題にはならない、という考え方。
    いったい「実在」とは何であるのか、根本を揺さぶられます。
    なんと哲学的。

    宇宙論においても「トップダウン的アプローチ」が是とされます。
    宇宙の起源に明確な初期条件を定義せず、現在から過去に向かって宇宙の歴史を辿っていくアプローチ方法。
    「どうあったか」よりも「どう説明できるか」を重要視する、真に「科学的」な態度ですね。

    それにしても、宇宙の起源においては空間と時間の区別もない、なんて言われちゃうと、ただただすげえなと思うしかありません。
    一時だけ震災のことも原発のことも忘れてしまいます。

  • 内容的には「宇宙を語る」の焼き直し感はあるが、一般向けにより噛み砕き思想的側面が強くなっている。科学史や哲学などホーキング氏の知識の幅広さと深さに驚かされる。

    相対性理論や量子論の統一理論のコンセプトまでは何とか理解できるものの、超ひも理論まで登場するとさっぱりついていけない。しかしホーキング氏の語り口調は読者を突き放すものではなく寄り添うものだし、そこに漂う大いなるロマンを感じる本である。

  • 大昔、科学者は同時に哲学者でもあったそうな。
    しかし科学が発展するに従って、いつの間にか哲学の居場所が無くなってしまいました。
    あらゆるものは科学で説明できる!

    しかしここに来て、また哲学の出番です。
    科学を突き詰めていくと人知の及ばない領域になってしまいます。人知の及ばないというと語弊があるかもしれませんが、人類の常識とは異なった事象がバンバン出てくる領域になってしまいます。
    我々の常識とは?どうしてこんなものが作られたのだ?何でこんな事になっているんだ?
    、、、極めて哲学的な領域です。
    明確な答えは得られないのかもしれません。ある意味、達観して現象を見る必要があるのかもしれません。
    でも人類は何とか理解しようと努力するのでしょう。
    そんな事を感じさせた本でした。

  • http://tocana.jp/2016/01/post_8639_entry.html
    あと100年で人類は滅ぶらしい。
    ---
    ・M理論によると、私たちの宇宙は唯一の宇宙ではありません。M理論は、多くの宇宙が無から創生されたと予言します。宇宙の創生には超自然的な存在である神の介入を何ら必要としません。むしろ、無数の宇宙が物理法則から自然に生まれるのです。科学は無数の宇宙が自然に生まれるということを予言しています。
    それぞれの宇宙は多くの歴史を持ち、宇宙創生から長い時間が経った現在のような時刻において、いろいろな状態が多数あるのです。もっともほとんどの状態は、私たちが住む宇宙とまったく異なり、どんな生物の存在にも適さないでしょう。
    ・私たちのような生物が存在を許される宇宙は、きわめてわずかしか存在しないでしょう。つまり、私たちの今住んでいる宇宙は無数に存在する宇宙の中でも私たちの存在を偶然許すような宇宙、ということになります。言うなれば、私たちの存在がこの宇宙を選択したのです。私たちは、宇宙スケールではちっぽけで取るに足らない存在ですが、このうように考えると、ある意味で創造主は私たち自身なのだということもできるのです。
    ・イギリスの偉大な哲学者デイヴィッド・ヒューム「私たちは現実が本当に存在していることを信じるに足る、道理にかなった理由を持たないが、それでも私たち現実が真実であると思って行動する以外に選択肢がない」
    ・一見すると奇跡的に見える生物のデザインが、崇高なる存在の介在なしにどのように可能になるかをダーウィンやウォレスが説明したのと同じように、マルチバースの概念は、私たちのために宇宙を生み出した善意ある創造主の存在を必要とせずに、物理法則に微調整があることを説明できるのです。

  • 飛び抜けた理系が、難しいことを面白く書こうとして、失敗してる感じの本。

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング
1942年1月8日-2018年3月14日
イギリスのオックスフォードで生まれ。1957年、物理と化学を学ぶためにオックスフォード大に入学。その後ケンブリッジ大学大学院、応用数学・理論物理学科に進学。大学院在学中の1963年に「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)と診断され、当時あと2、3年の命と宣告されたが、途中から病の進行が弱まったこともあり、精力的に活動を続けてきた。
1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1967年論文「特異点と時空の幾何学」でアダムズ賞受賞。1974年に 「ブラックホールの蒸発理論」発表し、同年に史上最年少でイギリスの王立協会会員(FRS)となった。1977年ケンブリッジ大学の教授職を務め、1979年にはケンブリッジ大学のルーカス記念鋼材教授職に就任。1991年にタイムトラベルの不可能性などを説いた「時間順序保護仮説」を提唱。
1990年、1993年、2001年と度々来日して大きく報道されており、日本で最もよく知られる世界的科学者の一人でもあった。
代表作に、『ホーキング、宇宙を語る』。

スティーヴン・ホーキングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
村上 春樹
村上 春樹
J・モーティマー...
村上 春樹
スティーヴン・D...
シーナ・アイエン...
スティーヴン・D...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ホーキング、宇宙と人間を語るを本棚に登録しているひと

ツイートする