建築とは何かー藤森照信の言葉ー

著者 :
  • エクスナレッジ
3.67
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767810713

作品紹介・あらすじ

フジモリに問う。建築を理解するための15の質問状。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自然図2F一般図書, 520.4:F961

  • 「~とは何か」というくくりでなに語ろうとすることきに、だいたい中身の薄い不毛な議論になることが多くて、基本的には無粋なことだとは思っている。

    ただ、建築史家としてキャリアをスタートさせ、のちに自ら設計の筆をとるようになる著者のような、作り手と解題者を二足の草鞋でゆくポジションにいる人にはそれが可能なのかもしれない。とはいえ、帯には「最高の入門書」とあるから売り文句として版元主導でつけられたタイトル、というのが正しい理解か。そして、この本は明らかに「入門書」ではないと思う。

    というのも、そもそも作り手/建築家としての著者の作品は明らかに主流派でなく、著者は「建築は社会の進歩と歩を一にしない」として近代建築と逆走する道を選んできた。そして第1部をエッセイ、そして第2部を同世代の建築家からの問いを受ける形式で編まれた本書の軸は、「建築家・藤森照信」のほうにあると感じたからだ。

    実際に、コンクリートとガラスといった、いわゆる20世紀の近代建築の主要な建材が使えるようになったのは18世紀で、市民権を得るまでには1世紀超の時間がかかった。現在でいえば「情報社会的」な建築が大勢を占めているかというとそうでもなく、その素地は20世紀にある。建築は、遅れてやってくる。

    一方で最新鋭の製品やサービスは、最終的にはひとつのかたちに収斂をすることが多い。電化製品、スペースシャトル、スマートフォン……一方で建築はその歩みが遅いからこそ多様性を獲得することができたと著者はいう。その意味で近代建築が求めてきた「インターナショナル」という思想は、本来的には相いれない。

    逆に、風土に根差したヴァナキュラー性こそ「建築の本質」とするならば、過剰なまでに固有性を解体された近代建築以後の世界においては、建築史の重要性はどんどん増していくようにも見える。

    本書の最後に藤本壮介さんからの質問で、「コルビュジェの五原則」にならって「フジモリ五原則」を上げてほしい、という説があり、ひとつひとつ興味深く読めた(柱/土/洞/火/屋根)。

    なかでも「洞」の部分に共感したのだけれど、ざっくり「明るく開放的な連続的な空間」であることが近代建築の要諦なのだとして、そのような建築の写真をいくらみても「住んでみたい」とは思えない(経済的に住めないことは別にして)。住宅はそのすべてが必ずしも「明るく開放的」である必要はなくて、入口から差し込む光を眺めながらその中に籠るある種の「自閉的空間」もあってもいい。日本家屋の薄暗さは、日本人の精神性に根差したヴァナキュラーといえるかもしれない。そして安藤忠雄、石山修武、伊藤豊雄、坂本一成らは、自閉的な建築を模索した「野武士」であるらしい。

  • 2部構成。
    1部高過庵を中心に歴史全体に触れる
    2部色々な人からの質問状に対して答えていく方式。

    文章はまとまっておらず読みにくい。物書きさんではあるが、思考の流れが他人を意識していないように思える。

  • 日本の栗の柱の上に建てられた高過庵などの面白い建築や、建築探偵、建築史家などで知られる著者の、建築についての思考をまとめた本。
    個人名や歴史的建造物が大量に図版の引用なく紹介されるので、ネット片手に検索しながら読むと、色々わかって面白いです。
    なんもないと理解できないかも。

    建築とは何かという考察、後半の質問応答などから、主に著者の歴史的視点からモダニズムについての私見を感じることができて興味深いです。深くて暗いモダニズムの穴。

  • 高過庵の出来るまでをじっくり見ることが出来る。価値はそこでわかる。
    (実際見に行ったが、おかしな存在感は確かに在った。)

    空間と柱の考察に関して考えが定まっていない。というところにゾクゾクした。
    私見:柱は無い方がいい。これは作り手ではなく、見る者に対しての答えだ。しかし、作り手主観でいけばあった方がいい。空間が限られ、角度によって空間の価値が異なるからだ。

  • 建築を勉強する間近の今、建築って何だろうとゆう漠然とした疑問と、藤森照信さんへの単純な好奇心でこの本を購入した。
    読み終わって、藤森さんへの好奇心は一層増した。でもその一方で、この人に負けないように建築を見つめたいと思った。ホント生意気で、度素人が何が分かる!!・・・と、一喝されるだろうな。・・・すみません。

  • ■この本を知ったきっかけ
     本屋でみつけて。
    ■読もうと思ったわけ
     著者の文章も建築も好きなのと、帯の「建築を知るための最高の入門書!」という言葉に惹かれて。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

建築史家・建築家

「2015年 『藤森照信×山口 晃  探検! 東京国立博物館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤森照信の作品

建築とは何かー藤森照信の言葉ーを本棚に登録しているひと

ツイートする