けんちく体操 (エクスナレッジムック)

  • エクスナレッジ
3.77
  • (8)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 77
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767810775

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012年10月13日

    <THE ARCHTECTURAL GYMNASTICS>
      
    アートディレクション&デザイン/古平正義(FLAME)
    体操写真撮影/山本尚明(山猫写真館)
    イラストレーション/大塚いちお

  • 資料ID:21101828
    請求記号:

  • けんちく体操したくなる。

  • 建築に関しては、あまり詳しくないので
    ハードルが低そうな本を選んでみました。
    設計家さんの名前が入っていてわかりやすいです。

    体操の本じゃなくて、
    モデルの方は、みなさん建築畑の方ばかりです。
    学芸員の方が中心みたいです。
    アイデアが楽しいです。
    撮影風景を想像すると笑えます(^^)

  • 笑える。これ最高♪

    建築ガイドにもいいかも?

  • 体と建物。

  • 何か建築で体操なのかな?と思って読んだ。
    かなり真面目に体操してるけど、大笑いしました。
    良かった。とても。

  • 世界の有名建築を、からだで表現しているというムチャで少々ばかばかしい建築解説書です。もともとは、江戸東京博物館で行われた子ども向けのワークショップに端を発っします。
    健康にいいかどうかはわかりませんが、
    ・世界の有名建築の特徴がわかります
    ・建築体操をするための仲間を募りたくなります(しないけど)
    ・建物を見ていると体操したくなっている自分がいとおしくなります

    4月の発売時に買って読んで、ひとりでオオウケしていたのですが、そのあとHPはできるわ、DVDは発売されるは、何かの賞をもらうわ、世界建築会議でプレゼンするわと、世間でも盛り上がっているようなので、改めてレビューしてみました。

    ちなみに、私は「大隈講堂」の体操が好きです。  ★★★☆(三)

  • どこかの本で紹介されていたので、読んでみました。
    「けんちく体操」とは名前の耳通りがいいですね。
    でも、全く体操ではありませんでした。
    正確には、けんちく擬態になるのでしょうか?

    国外の有名な建築物を、人で模しています。
    なるべく無機物的になるよう、どの写真も無表情です。
    (太陽の塔だけは顔を作っていましたが)
    道具を使わず、人体だけで表現しているため、相当わかりづらく、やや無理があります。
    (はあ?)というものが多いのですが、ページをめくっていると、だんだん表現したい世界のコンセプトに慣れてきて、なんというか、偉大な建築物への人間の憧憬が現れているような気がしました。

    それでも、言われないとなにを表しているのか、どれも全くわかりませんが。
    早稲田大学大隈講堂や都庁は、ピンとこなさすぎました。
    一人でやるには限界がありすぎます。
    日本武道館の前でタマネギ型を作っている様も、実物を見たら怪しげに思うこと間違いありません。
    解説文も「まだまだ」とか「はたから見たらかなり不気味」とか、意外としぶいことを言っており、仲間じゃないの?と思います。

    ミラノのドゥオーモを"チョキチョキの祭典"として、大勢の人物が無表情でピースサインをしていたのは、かなりシュールな光景でした。
    TDLのシンデレラ城は、解説文でも突っ込まれていましたが、男性メンバーだけで表現していて、(何故?)と思います。
    参加者の中には大真面目な顔をしたおじいさんもいました。

    東寺五重塔が、エグザイルみたいになっていたのが笑えました。
    熊本城天守閣は「へーんしん!」のポーズ。もしくは必殺技を繰り出す瞬間芸のよう。
    会津さざえ堂の体操が気に入りました。スパイラルを斜めの腕で表現しており、クールです。
    1919年にモスクワに作られる予定だった幻の第三インターナショナル記念塔も、似た感じのカッコよさ。
    フジテレビ局の丸い展望台を、丸まった子供で模しているなど、アイデアはなるほどと思います。

    印象的な建築物についての解説は、ためになりました。
    八王子の大学セミナーハウスや銀座の静岡新聞東京支社、長野県茅野市の高過庵などは、初めて知る建築で、気になります。
    名古屋のモード学園スパイラルタワーズが載っているので、新宿モード学園のビルも採り上げてほしかったです。

    一体だれが何のために?と目的が分からぬまま読み進んだら、もともとは、江戸東京博物館でのワークショップだったとわかりました。
    体操マンたちは、若手劇団員かと思いきや、みんな建築に関係したプロの人たちでした。

    人のポーズはさておき、各建築についての説明は端的でわかりやすく、建築紹介だけでもためになります。
    憧れが高じて、そのものになってみたいという人間の気持ちを体現化しているようで、あまりピンとこないまでも、その熱意とバカバカしさへの大真面目な取り組みに敬服しました。

  • シンガポールのホテル(ソフトバンクのCMのあれ)、
    よくみるとこんな形なのか。
    と認識をあらたにする本。

全14件中 1 - 10件を表示

米山勇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
三浦 しをん
今日 マチ子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする