エアコンのいらない家

著者 :
  • エクスナレッジ
3.90
  • (8)
  • (21)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :169
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767811758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非常にキャッチー^_^

  • 仕事資料。イラストが分かりやすくて絶妙。擬人化はやはり素晴らしいテクだな。

  • 参考にはなりましたが、「エアコンのいらない家」を実現できるかは疑問です。また、筆者が提案しているものには結構コストがかかりそうなものもあり、私にとっては現実味を帯びませんでした。とは言え、自然の力を最大限に取り組むことに重点が置かれており、他の本にはない内容も多いので読む価値はありです。

  • イラストや間取りなどが豊富でわかりやすいかった。
    私も機械で作りだされる快適には抵抗があるので、できる範囲でパッシブデザインを取り入れた家づくりをしたい。
    旦那はアンチ吹き抜け派だけど、これを読むと要所に吹き抜けを取り入れるのもアリかと思う。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB06512877

  • 傑作です。人生の質を上げるため、ぜひご一読を。

  • 設計会社を訪問した際、紹介された本 直接著者と面接
    快適を決める要素 温度、湿度、気流、放射、運動量と着衣量 人間もアツイ 熱の取り扱い方:断熱、換気(給気と排気のふたつでひとつ) 断熱材は気泡のかたまり 欲しいのは冬の太陽と夏の風 セキスイハイムSI+、エコーズハウス 世界で一番やさしい建築設備 平安京プロジェクト 湧水の家 

  • エアコンで不調になる人は多い。
    熱や湿気や気流、放射を科学的な性質として考えて、家の構造を考える本。
    太陽光発電等のエネルギーの特徴についても考察している。
    快適さを左右する性質から考えてより効率的な家を考えるので、無理が無くわかりやすい。
    ただ、すべて設計することができる人は限られるので、建築業者が是非参考にしてほしいものだ。

  • 通風・遮熱・断熱・換気を駆使してエアコンのいらない家の建て方
    建築のセオリーかな。

  • 難しい専門用語もなく、短い言葉で端的にかれていて、とても分かりやすい内容でした。
    所々に入ってくる絵も、うまくその内容を表していてgood 。
    簡単に読めるので、自然の力で、家の居心地を良くしたり、節電をと思ってる方にまずはこの本。

全15件中 1 - 10件を表示

山田浩幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ウォルター・アイ...
ジェームズ アレ...
やました ひでこ
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

エアコンのいらない家はこんな本です

エアコンのいらない家を本棚に登録しているひと

ツイートする