40歳からの痩せトレ! ――カッコいいカラダに変わる、ウォーク&ラン、コアトレ、食トレ

著者 :
  • エクスナレッジ
3.11
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767812625

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筋トレから有酸素運動。
    野菜から魚肉。
    順番の再確認。

  • 元ランナーで駅伝部監督の著者が40歳からのトレーニングについて説明。そのコアとなるのが「できることを、できる範囲で」と「筋トレ+有酸素運動」を1サイクルとすること。決して新しいことは書いていないが、「筋トレ+有酸素運動」は確かにどうにかして導入したいと思っていたので、参考になった。
    以下、メモ。
    ・足を開いて座る、歩幅がせまい。→内転筋が弱い。→逆に、これで鍛えられる。
    ・筋トレ5分、有酸素運動15分をセットで。
    ・腹筋は回復が早いので毎日でもOK。
    ・脂肪が燃えやすいのは朝。食事前。
    ・食トレを少しずつ導入。

  • 基本的

  • 書いてあることは普通だが、図解がわかりやすい。

  • 著者が40歳なだけで、べつに40歳のためのトレーニングでもなんでもない。一般のトレーニング本。中身が薄いくらい。

  • 40代でもカラダは変わる。
    現役アスリートから引退後、たるんだ身体をカッコいい身体に鍛えなおした著者の体験的アドバイス。
    ランナーだけあって、ウォーク→ランを中心に、筋トレ、食習慣まで、ややストイックと思える構成。
    これだけやればメタボではいられないと納得する。
    しかし、管理されたトレーニング経験もない中年太りには、適切なトレーナーにつき、それなりの運動環境がないと、本書だけでの痩せトレは難しいのではないだろうか。
    12-43

  • 40代、ちょっと気が抜けてきたら読んでみましょう。
    1969年生まれの著者が、40代に改めて手にした理想のボディを見て、気合を入れなおしましょう! 同世代は是非!

    ※内容には特に新しいことはないです(加圧トレを紹介してるあたりが、ちょいと新しいか?)

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする