ズボラさんのための片づけ大事典

著者 :
  • エクスナレッジ
3.02
  • (1)
  • (10)
  • (22)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 144
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767814414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料本。大枠の考え方とかは少なめで、モノ別の整理収納方法がそれぞれ何パターンか載っている。実際に整理収納をやりだしたときの細かい「困った」に、どれかはフィットする感じ。(それは貧乏くさすぎる…というのもあるけど)

  • ズボラ向けにしては手間が掛かることもあるので、できそうなことを選んで使うのはいいと思う。

  • 目新しさはないけれど、マンガなので読みやすかった。

    こんまりさんもやっているけれど、洋服を立ててしまうのは、意外と難しい気がするのは私だけ?(使っているタンスが小さいので、高さがないからかもしれない)
    結構シワにもなるから、私には合ってないのかも。

  • 冒頭は漫画から始まり、イラストの多用された文章は分かりやすく読みやすいです。
    片付けないといけないのは分かってるけど、片付けのコツを知るために本を読むのは面倒くさい。という方に向いている本です。

  • 片付けられない、これから片付けたいと思っている人向けの本。
    片付けられている人は自然と出来ていることだけれどもそのコツが基本的なことから書いてあってよかった。

    イラスト形式で読みやすい。

  • 大掃除前に気分を高めるために読んでみた。
    うーん。
    読んでないで大掃除はじめなきゃいけないんですけどね。

  • 目新しさはないけれど、イラストが多用されまとまっている。
    飽きさせず空き時間に少しづつ眺めるのにもちょうどいい感じ。
    一つの事柄に複数の方法が紹介されており
    一つのやり方に固執していないのは良いと思う。
    ただ「雑多に見えないようセンスの悪いものは置かない」方向を
    勧めておきながら、野暮ったくみえる方法を紹介しているのは
    辻褄が合ってないと思う。ひと工夫足りてない。ちょっと残念。

  • お片づけ・断捨離本。私のお気に入りパッケージ(可愛くプレゼントを包むビニール)のしまい方をやりづらく感じていたら「ファイルボックスに立てる」よく収まります。すきなものだから嬉しい。痛い靴、古びて修理しない靴を捨てた。綺麗な物は、家にきた友達にあげたりも。つねに断捨離を心がけてます。

著者プロフィール

生き方スタイリスト。整理収納アドバイザー1級認定講師。
2008年より収納スタイリストとして活動を開始。
片づけられない女だった過去の経験を活かし、「片づけはストレスフリーに暮らす近道」をモットーに、
働く女性・主婦目線での整理収納やライフスタイル提案をしている。
個人宅でのアドバイスから、講演・セミナーなど、これまで10000人以上に片づけをレクチャー。
テンポのいいわかりやすい語り口が人気で、「有吉ジャポン」(TBS系)、
「ソロモン流」(テレビ東京)など、メディア出演も多数。
著書に『ズボラさんのための片づけ大事典』(エクスナレッジ)など。

「2018年 『なかなか捨てられない人のための 鬼速片づけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川永里子の作品

ツイートする