子どもに教えたい 大人にも知ってほしい 世界を変えた建物

制作 : 鈴木咲子 
  • エクスナレッジ
3.77
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 87
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767814919

作品紹介・あらすじ

わたしたち人類は約1万年も前から、建物をつくり続けてきました。その大昔から続く"人"と"建築"の歴史がこの本に詰まっています。ピラミッドやギリシャ神殿などの古代建築から、フランク・ロイド・ライトやル・コルビュジエ、サグラダ・ファミリアなどの近・現代建築など、時代を彩った画期的な建築を年代順に紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 建築物好きにはたまりませんな!

    1万年前から人類がつくってきた建物の歴史を俯瞰できる
    最後の年表も素敵です

    わらぶきや泥の家からはじまって、
    次々と歴史を塗り替えるような建物が現れ、
    そしてエコロジーを目指す未来志向の家は、
    再び1万年前の智慧を参照しているとあれば、
    歴史の重みと不思議と人類の英知を感じずにはいられない。

    1つ気になるのはピラミッドを王のお墓だと紹介していること。
    最近ではあれはお墓ではない、とされてきているようなので、
    新しい本だけに、ちょっと気にかかります。

    それでも白地に描かれた建物のイラストがかっこ良くて、
    いい本だなぁ。
    この本をきっかけに多くの子どもたちが、
    建築の世界に興味を持ってくれると素敵だと思います。

  • 我が家のチビちゃんたちには難しいかったか、興味も持たず。

    象徴的な建築物を語ること、それはどんな子どもでも知っている建物を語ることです。

    人類初期の石や木を使った家からエッフェル塔にサグラダ・ファミリア、世界の有名建築に触れる。
    建物の中に現れる観光客の様子とか白い影が楽しい。
    のだけど、この微妙にゆがんだ線が私にはあわなかった。
    長く見ていると不安になるというか、視界が揺らいでくるような。なんだろう。

  • 【資料ID】71603723
    【請求記号】520.2/P
    【配架場所】普通図書

     どこかで一度は見たことのある建築物を、
     絵本のようなかわいらしいイラスト付きで解説。
     この建物の魅力は何か、歴史的にどう画期的だったのか、
     見やすく、楽しく学べます。

  • 2歳2ヶ月
    大人が興奮します!

  • 紀元前ローマにコンクリートがあったなんて!

    ソフィア大聖堂(イスタンブール)って
    元は、キリスト教会だったんだ

    ヨーロッパの城は
    安全に住める場所として
    争いを避けるための場所だった
    後に、宮殿に変えられた

    ルネサンス様式って大原美?
    新古典は、大阪市美?

    繰り返すんだゴシックにしても

    ユーゲント・シュティールって
    アールデコに近いと思っていたんだけどなあ
    アールヌーボーなんだ

    ル・コルビジュエ"ノートルダム・デュ・オ礼拝堂”
    打ちっぱなし1950年代

    ライトは、いろいろあるけれど
    フランク・O・ゲーリー知らなかった
    脱構築主義ね

    プロブ建築見てみたい
    ロンドンの市庁舎かあ、思いきったことするなあ

  • ユニークな建物や建物の歴史などがのっていて、とてもわかりやすい。特に気に入ったのはパルテノン神殿、コロッセオ、ハギア・ソフィア大聖堂、タージ・マハル、ベルサイユ宮殿、クライスラービル、グッゲイハイム美術館、シドニーのオペラハウス。

  • 日比谷文化館展示にて。いい!

  •  からぶき屋根の住居から、壮大な宮殿を経て、鳥の巣のようなスタジアムまで建設する技術とデザイン性を兼ね備えた人類。この本に出てくる建物はその時代その時代の人間の技術の結晶である。大人が見ていてもおもしろい。巻末の建物の変遷のまとめと用語一覧は保存版である。

  • 世界中に昔からある色々な建物、建築。あぁいった形になったのには、すべて理由があったのです。。。ね。

全9件中 1 - 9件を表示
ツイートする